大石賢吾〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大石賢吾

このエントリーをはてなブックマークに追加
大石賢吾

大石賢吾

大石賢吾(おおいし・けんご)/1982年生まれ。長崎県出身。医師・医学博士。カリフォルニア大学分子生物学卒業・千葉大学医学部卒業を経て、現在千葉大学精神神経科特任助教・同大学病院産業医。学会の委員会等で活躍する一方、地域のクリニックでも診療に従事。患者が抱える問題によって家族も困っているケースを多く経験。とくに注目度の高い「認知症」「発達障害」を中心に、相談に答える形でコラムを執筆中。趣味はラグビー。Twitterは@OishiKengo

  • NEW

    もの忘れの症状がない「認知症」もある? 怒りっぽくなる、マナーが守れなくなる…

    医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い dot.

     認知症の特徴的な症状は、もの忘れという印象を持たれる読者も多いことでしょう。しかし、記憶の障害が目立たなくても、怒りっぽくなったり、ルールやマナーが守れなくなるなどの行動上の変化も認知症の症状の一つです。千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師が相談に答えます。【40代女性Aさんからの相談】最...

  • 「兄が発達障害。自分も遺伝しているかもしれない」という相談に精神科医の答えは?

    医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い dot.

     兄が発達障害の一つ、自閉症スペクトラム障害と診断されたら、「自分も兄と同じ病気なのかもしれない」という不安を抱くことでしょう。千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師が、発達障害と遺伝についての相談に答えます。【20代男性Aさんからの相談】自閉症スペクトラム障害の兄がいます。自分は高校から実家...

  • 病院を受診できずに苦しんでいる人たちに向けて 精神科医ができることは

    医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い dot.

     医療を必要としているのに医療が届かず苦しんでいる人たちが存在しています。精神科医として日々、診療にあたっている千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師は、「医療の現場からでは、そのような境遇にある人たちにメッセージを伝えることがとても難しいのが実情です」と語ります。今回は、本連載「医療が届かず...

  • 「認知症の親が薬を飲んでくれません」精神科医がまず考える四つの問題とは?

    医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い dot.

     親が高齢になると、さまざまな病気で薬を飲んでいるケースが少なくありません。認知症を患っていると、薬を飲んでくれないという問題も出てきます。千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師が相談に答えます。【※7月18日に配信した記事は、筆者が承知していない文章の修正が入っており、必ずしも伝えようとした...

  • 3歳の息子が自閉症スペクトラム障害の疑い 「両親に伝えていい?」に精神科医の答えは

    医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い dot.

     息子が自閉症スペクトラム障害の可能性があると医師から言われた……。母親が、自分の両親にその事情を伝えるべきか悩んでいるという相談にどうアドバイスすればいいでしょう。千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師が相談に答えます。【※7月4日に配信した記事は、筆者が承知して...