(5ページ目)東尾修〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東尾修

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

  • 丸佳浩が巨人移籍で来季はどうなる? 東尾修「広島とようやく五分かな」

    ときどきビーンボール 週刊朝日

     西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、広島の丸佳浩選手を獲得した巨人などの戦力補強から来シーズンを占う。*  *  * 広島の丸佳浩が巨人にFA移籍を決めた。浅村栄斗もそうだが、今回のFAの目玉が同一リーグのライバル球団に移籍する。FAは選手の権利だし誰も文句は言えないが、球界を代表...

  • 所属選手は大幅減俸、FA補強選手には大金…東尾修が球団に喝

    ときどきビーンボール 週刊朝日

     西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、移籍が当たり前の時代だからこそ大切にしたいことを説く。*  *  * 西武からFAで浅村が楽天に移籍、炭谷が巨人に移籍することが決まった。菊池は12月3日にポスティングシステムを申請して、メジャー球団との交渉に入る。現場を預かる西武の辻監督は頭が...

  • 名球会は「昭和」と「平成」で線引きすべき 東尾修が提案

    ときどきビーンボール 週刊朝日

     西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、名球会の入会資格について議論すべき時が来ていると指摘する。*  *  * プロ野球はすべての試合が終わって、オフの時期になった。秋季キャンプも11月下旬には終わる。シーズンを主力として戦った面々は、なまらない程度に体を動かしながら、上手に疲れを抜...

  • 優勝争いに絡まなかったのに…大谷の新人王に東尾修「時代の変化」

    ときどきビーンボール 週刊朝日

     メジャーリーグで新人王を獲得した大谷翔平選手。西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏が、その理由を解説する。*  *  * エンゼルスの大谷翔平が新人王を獲得した。日本選手では2001年のイチロー以来だという。日本の選手はいつもFAなどで完成された選手が海を渡るため「新人扱い」されないこ...

  • ソフトバンク圧勝は「第2先発」のおかげ? 東尾修の意見

    ときどきビーンボール 週刊朝日

     日本シリーズの戦いはレギュラーシーズンとは違う考え方が必要なのはもちろんのこと、かつての戦い方では勝てないという。西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏が持論を展開する。*  *  * 日本シリーズは接戦の試合が多かったが、勝敗で見ると、ソフトバンクが4勝1敗1分けと広島を圧倒した。戦前...