(3ページ目)山田清機〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山田清機

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田清機

山田清機

山田清機(やまだ・せいき)/ノンフィクション作家。1963年生まれ。早稲田大学卒業。鉄鋼メーカー、出版社勤務を経て独立。著書に『東京タクシードライバー』(第13回新潮ドキュメント賞候補)、『東京湾岸畸人伝』。SNSでは「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれている

  • 「愛する」は心ではなく身体の問題? 大センセイが驚いたこと

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「愛する」。*  *  * ある女子大で日本文学を教えている先生と、お話をする機会があった。「ヤマダさん、先日、ゼミの学生にある課題をやっ...

  • 灘高校出身の秀才が考えた“カンニング”がスゴイ…大センセイの思い出

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「カンニング」。*  *  * 学生時代の知り合いに、カンニングに血道を上げている人物がいた。名前はたしか、サガワ君といった。 それほど親...

  • 学級会は難しい? 大センセイが小学校時代の“失敗”を思い出す

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「学級会民主主義」。*  *  * 小学校、中学校時代、学級委員をやらされることが多かった。いや、やらされたというのはちょっとウソで、当然...

  • 大センセイ、沖縄の“てーげー”に戸惑う…いいのか、悪いのか

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「てーげー」。*  *  * 沖縄の本部町は、とてもいいところだ。 エメラルドグリーンの海に変わった形の伊江島が浮かんでいる風景もいいし、...

  • 格安“訳あり物件”に遭遇…大センセイ「命がけで暮らすのもなぁ」

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「訳あり物件」。*  *  * 物件探しをしていた。 高い家賃を払い続けるより、昭和君が学校に上がるのを機に貯金をはたいてでも家を買ってし...