(2ページ目)西澤寿樹〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西澤寿樹

このエントリーをはてなブックマークに追加
西澤寿樹

西澤寿樹

西澤寿樹(にしざわ・としき)/1964年、長野県生まれ。臨床心理士、カウンセラー。女性と夫婦のためのカウンセリングルーム「@はあと・くりにっく」(東京・渋谷)で多くのカップルから相談を受ける。経営者、医療関係者、アーティスト等のクライアントを多く抱える。 慶應義塾大学経営管理研究科修士課程修了、青山学院大学大学院文学研究科心理学専攻博士後期課程単位取得退学。戦略コンサルティング会社、証券会社勤務を経て現職

  • 夫がやり手の女性秘書と海外出張中に不倫…疑惑を追求する妻に言ってはいけないNGワード

    男と女の処世術 dot.

     カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「本当のことを信じてもらえない理由」をテーマに解説する。*  *  * 先日、深夜番組を見ていたら、街頭インタビューで、妻に(実際にはしていない)浮気を疑われて、包丁で2cm刺された、という人が出ていました。 本当だと...

  • 不倫を続ける53歳夫の対策を別れさせ屋に依頼する43歳妻がはまった思わぬ落とし穴とは?

    男と女の処世術 dot.

     別れさせ屋の行為は公序良俗に反しない――。そんな控訴審判決が話題になった。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「別れさせ屋の落とし穴」をテーマに解説する。*  *  * 先日、「別れさせ屋」に関する裁判の判決があったとニュースで報じていました。ニュースに...

  • 「旅行準備はいつも私」33歳妻に責められた夫が黙る本当の理由とは?

    男と女の処世術 dot.

     夏休みに夫婦や家族でレジャーに繰り出すとき、その計画も準備もすべて誰か1人に偏ってしまい、せっかくの休暇に不満を溜め込んでしまうケースが多いようだ。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「旅行の目的」をテーマに解説する。*  *  * ナースとして働く美緒...

  • 結婚記念日に接待を入れ続ける夫と激昂する妻… 意外な“腹の底”とは?

    男と女の処世術 dot.

     カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「『お互いに』に潜む意識」をテーマに解説する。*  *  * 営業職をなさっているという智則さん(仮名、38歳)は開口一番、力強くおっしゃいました。「今までいろいろもめてきましたが、お互いに悪いところは直す努力をして、...

  • 「高収入が偉いのか」39歳共働き夫婦“正論”ばかりの喧嘩を終わらせる方法

    男と女の処世術 dot.

     意見が対立したとき「どちらが正しいか」を判断基準にすることはあるだろう。ただ、それを夫婦間に持ち込んでしまうと“解決”しないことが多いという。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回はその不毛な夫婦喧嘩に終止符をうつ方法を伝授する。* ...