岡村詩野〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岡村詩野

このエントリーをはてなブックマークに追加
岡村詩野

岡村詩野

岡村詩野(おかむら・しの)/1967年、東京都生まれ。音楽評論家。音楽メディア『TURN』編集長/プロデューサー。「ミュージック・マガジン」「VOGUE NIPPON」など多数のメディアで執筆中。京都精華大学非常勤講師、ラジオ番組「Imaginary Line」(FM京都)パーソナリティー、音楽ライター講座(オトトイの学校)講師も務める

  • NEW

    Soggy Cheeriosの直枝政広と鈴木惣一朗はやんちゃ坊主なベテラン 新作「III」にも進化の軌跡

    岡村詩野の音楽日和 AERA

     80年代から活動するキャリアたっぷりの2人のミュージシャンが2013年に組んだユニット、Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス)。普段はカーネーションのソングライター、ヴォーカリスト、ギタリストとして活動する直枝政広と、WORLD STANDARD(ワールド・スタンダード)名義での作品リ...

  • 大友良英の「いだてん」劇中音楽は音で学ぶ日本文化近代史

    岡村詩野の音楽日和 AERA

     今年もまもなくフィナーレを迎えるNHK大河ドラマ。毎年なにかと視聴率が取り沙汰されるが、俳優、映画監督、ミュージシャンなどとして、多くの表現手段を持つ宮藤官九郎が脚本を担当した今年の「いだてん」は、とりわけ音楽ファンから注目を集め続けている。大きな理由の一つが、明治以降の大衆文化というニュアンスを...

  • 米グラミー賞にノミネートされた日本の環境音楽のアルバムはどんな音楽なのか

    岡村詩野の音楽日和 AERA

     米音楽界で最も権威ある音楽賞とされるグラミー賞のノミネート作品、アーティストが今年も発表された。 世界各国のチャートでアルバム「When We All Fall  Asleep,Where Do We Go?」が1位を獲得した17歳の女性アーティストのビリー・アイリッシュ、おおらかでメロ...

  • KIRINJIのアルバム「cherish」は今の生活から見える景色を飄々と音で描く

    岡村詩野の音楽日和 AERA

     キャリア20年を超えてなお、というより、現在が第2の最盛期ではないか。KIRINJIのニュー・アルバム「cherish」を聴きながらそんな手応えを感じている。 もともとKIRINJIは堀込高樹、泰行による兄弟ユニット「キリンジ」として1996年に結成された。海外では、ミクスチャー・ロックやオルタナ...

  • 「空気公団」山崎ゆかりが初のソロ・アルバムで大事にしたのは「言葉の人」としての自分

    岡村詩野の音楽日和 AERA

     歌への静かな思いを集中させた、唯一無二の存在としてシンパも多い「空気公団」。昨今、見直されているAOR(アダルト・オリエンティッド・ロック)やシティ・ポップといったソフト&メロウで都会的なポップスへの踏み込みを、いちはやく洗練されたオリジナル曲と透明感あるヴォーカルで形にしてきた。 当初はライヴに...

おすすめの記事おすすめの記事