岡村詩野〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

岡村詩野

このエントリーをはてなブックマークに追加
岡村詩野

岡村詩野

岡村詩野(おかむら・しの)/1967年、東京都生まれ。音楽評論家。音楽メディア『TURN』編集長/プロデューサー。「ミュージック・マガジン」「VOGUE NIPPON」など多数のメディアで執筆中。京都精華大学非常勤講師、ラジオ番組「Imaginary Line」(FM京都)パーソナリティー、音楽ライター講座(オトトイの学校)講師も務める

  • NEW

    高石ともや&ザ・ナターシャ・セブンのレア音源アルバムが伝える「早すぎた」試み

    岡村詩野の音楽日和 AERA

     1970年代から80年代にかけて、京都を拠点に活動していた「高石ともや&ザ・ナターシャ・セブン」をご存じだろうか。「受験生ブルース」「主婦のブルース」といった曲をヒットさせていたフォーク歌手の高石ともやが、しばしの充電期間を経て71年に結成したブルーグラス&カントリー系のグループだ。いや、それだけ...

  • 実在の店舗を舞台にしたドラマ「純喫茶に恋をして」を彩る「T字路s」のほろ苦いブルーズ

    岡村詩野の音楽日和 AERA

     この2月からちょと気になるショート・ドラマがスタートした。CSチャンネル「フジテレビTWO」で放送中の「純喫茶に恋をして」。人気を集めた「孤独のグルメ」のスタッフによるもので、わずか20分程度ながら実在する喫茶店を舞台とした一話完結のユーモラスな物語だ。 ストーリーもさることながら、このショート・...

  • 2020年ブレイク大本命! 3ピース・バンド「羊文学」とは?

    岡村詩野の音楽日和 AERA

     甘美だけど苦味もあるメロディー、躊躇なくまっすぐにのびる声、青白く燃える炎のようなギターサウンド……羊文学(ひつじぶんがく)という20代のロックバンドの曲を最初に聴いた時、ある種の純文学を読んでいるような印象を抱いた。 いわばアート性あるロック・ミュージックだが、作品の...

  • 日本ロック史に輝くJAGATARAが30年ぶりに復活!

    岡村詩野の音楽日和 AERA

     日本のロック史を語る上で、JAGATARA(ジャガタラ)は最も重要なバンドの一つだ。1979年の結成から、リーダーでヴォーカルだった江戸アケミの急死による90年の解散まで、活動期間は約11年。その後の音楽シーンをたどっても、彼らがいたから今があると断言してもいいほど、時代の潮目を変えてきた。&nb...

  • ベニシアが70歳のデビューアルバムで歌う「スカボロー・フェア」

    岡村詩野の音楽日和 AERA

     ベニシア・スタンリー・スミス(70)という女性をご存じだろうか。イギリス出身ながら、京都の市街地から離れた大原という山間の町で、築100年もの古民家に暮らすハーブ研究家だ。自然に囲まれた暮らしの中から花や植物を育てたり、ハンドメイドのハーブティーや家庭料理を披露したり、ものづくりをする知人の仕事場...

おすすめの記事おすすめの記事