室井佑月〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

室井佑月

このエントリーをはてなブックマークに追加
室井佑月

室井佑月

室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。「しがみつく女」をまとめた「この国は、変われないの?」(新日本出版社)が発売中

  • NEW

    室井佑月「今の自分の都合だけ」

    しがみつく女 週刊朝日

     作家の室井佑月氏は、定年延長の決まった東京高検検事長の問題、そして新型肺炎に関する政府の対応について持論を展開する。*  *  * 政府は東京高検の黒川弘務検事長(63)の定年延長を閣議決定した。2月11日の東京新聞「検事長人事案を官邸に蹴られた… 前代未聞の人事介入は検察の独立性を...

  • 室井佑月「組織は頭から腐る」

    しがみつく女 週刊朝日

     作家の室井佑月氏は、日本原子力発電や防衛省の隠蔽を批判する。*  *  * 2月7日の朝日新聞DIGITALにこんな記事が載った。「敦賀原発の断層『生データ』無断で書き換え 日本原電」 どういう記事かというと、「日本原子力発電敦賀原発2号機(福井県)の新規制基準に基づく審査で、原電が、原子炉建屋直...

  • 室井佑月「コロナに助けられる人」

    しがみつく女 週刊朝日

     作家・室井佑月氏は、国会の焦点が「桜を見る会」疑惑から新型肺炎問題に移る現状に皮肉を込める。*  *  * 家の近くの薬局にマスクとアルコール消毒液を買いにいったら、それらはほとんど置かれてなかった。アルコール消毒液がかろうじて1本だけ残っていた。 なぜマスクとアルコール消毒液が必要だと考えたかと...

  • 室井佑月「なんだかな、京都市長選」

    しがみつく女 週刊朝日

     共産党を排除しようとする広告が物議を醸した京都市長選。作家・室井佑月氏はナチスを思い出したという。*  *  * 正直いって、京都市長選のあり方に嫌悪感を抱いている。いや、嫌悪感ではない。脱力して、やる気を削(そ)がれた感じだ。 投開票は2月2日なので、このコラムが出るときには結果が出ているだろう...

  • 室井佑月「裁判長は定年間際に限る」

    しがみつく女 週刊朝日

     作家・室井佑月氏は、広島高裁が伊方原発3号機の運転差し止めを決定したことを評価する。*  *  * 1月18日の東京新聞によると、「四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転禁止を求めて、五十キロ圏内に住む山口県東部の三つの島の住民三人が申し立てた仮処分の即時抗告審で、広島高裁(森一岳裁判長)は...

おすすめの記事おすすめの記事