石弘光〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

石弘光

このエントリーをはてなブックマークに追加
石弘光

石弘光

石弘光(いし・ひろみつ)1937年東京に生まれ。一橋大学経済学部卒業。同大学院を経てその後、一橋大学及び放送大学の学長を務める。元政府税制会会長。現在、一橋大学名誉教授。専門は財政学、経済学博士。専門書以外として、『癌を追って』(中公新書ラクレ)、『末期がんでも元気に生きる』(ブックマン社)など

  • NEW

    ありとあらゆる副作用に襲われても「抗がん剤を続ける」たった一つの理由

    治さないのに、元気です! すい臓がんステージⅣ 石先生 週刊朝日

     一橋大学名誉教授の石弘光さん(81)は、末期すい臓がん患者である。しかも石さんのようなステージIVの末期がん患者は、5年生存率は1.4%と言われる。根治するのが難しいすい臓がんであっても、石さんは囲碁などの趣味を楽しみ仲間と旅行に出かけ、自らのがんを経済のように分析したりもする。「抗がん剤は何を投...

  • 生前葬をした末期がんの友人 限界まで抗がん剤治療する末期がんの私

    治さないのに、元気です! すい臓がんステージⅣ 石先生 週刊朝日

     一橋大学名誉教授の石弘光さん(81)は、末期すい臓がん患者である。しかも石さんのようなステージIV末期がん患者は、5年生存率は1.4%と言われる。根治するのが難しいすい臓がんであっても、石さんは囲碁などの趣味を楽しみ仲間と旅行に出かけ、自らのがんを経済のように分析したりもする。「抗がん剤は何を投与...

  • 発見が難しい「すい臓がん」 2年向き合ってわかった、末期がんとの共存の仕方

    治さないのに、元気です! すい臓がんステージⅣ 石先生 週刊朝日

     一橋大学名誉教授の石弘光さん(81)は、末期すい臓がん患者である。しかも石さんのようなステージIVの末期がん患者は、5年生存率は1.4%と言われる。根治するのが難しいすい臓がんであっても、石さんは囲碁などの趣味を楽しみ仲間と旅行に出かけ、自らのがんを経済のように分析したりもする。「抗がん剤は何を投...

  • 5年生存率1.4%、残された手段は抗がん剤治療のみ… それでも「がんと共存」する

    治さないのに、元気です! すい臓がんステージⅣ 石先生 週刊朝日

     一橋大学名誉教授の石弘光さん(81)は、末期すい臓がん患者である。しかも石さんのようなステージIVの末期がん患者の5年生存率は、1.4%と言われる。根治するのが難しいすい臓がんであっても、石さんは囲碁などの趣味を楽しみ仲間と旅行に出かけ、自らのがんを経済のように分析したりもする。「抗がん剤は何を投...