福田晴一〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

福田晴一

このエントリーをはてなブックマークに追加
福田晴一

福田晴一

福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

  • NEW

    いよいよ小学校プログラミング教育実施へ そして私自身の今後は…

    61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記 AERA

     61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。全国を教員研修で回っているうちに、間もなく64歳となる。円滑導入を目的とした全国各地での小学校教員の研修も一区切りつく今、本連載最終回となる今回は、今後の教...

  • 教員生活を離れて見えてきたこと、そしてその先は…

    61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記 AERA

     61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。全国を教員研修で回っているうちに63歳となった。プログラミグ教育全面実施直前の全国一斉休校、教員は何を考えているのだろうか。私たちに何ができるのであろうか。...

  • プログラミング教育必修化直前、今こそ問われる先生の姿勢とは?

    61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記 AERA

     61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。全国を教員研修で回っているうちに63歳となった。必修化直前、現状を直視してみると……。*  *  *「初等中等教育からプログラミ...

  • プログラミングと出会い、開花した先生

    61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記 AERA

     61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。全国を教員研修で回っているうちに63歳となった。今回はプログラミングの研修を受けたことで、教員としてのその後の生活が大きく変容した二人の先生を追ってみたい。...

  • 「子どもたちにプログラミング体験を」 地域のボランティアが支えるプログラミング道場

    61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記 AERA

     61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。全国を教員研修で回っているうちに63歳となった。今回は、小学校プログラミング教育の必修化に向け、広がるムーブメントを紹介したい。*  *  * 東京オリンピ...

おすすめの記事おすすめの記事