福田晴一〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

福田晴一

このエントリーをはてなブックマークに追加
福田晴一

福田晴一

福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

  • NEW

    なぜ? 三宅島唯一の小学校で「プログラミング教育」が成果を上げている理由

    61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記 AERA

     61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。今回は、三宅島にある唯一の小学校、「三宅小学校」でのプログラミング研修についてご紹介します。*  *  * 2020年度の小学校プログラミング教育必修化に向...

  • パソコンを使用しない「プログラミング教育」? 指導教員に必要な“体験”とは

    61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記 AERA

     61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。今回は、福田さんが所属する「みんなのコード」で実施している、「プログラミング教員研修」の後半をお届けします。*  *  *「プログラミング教員研修」の後半は...

  • 小学校の「プログラミング教育」と「調理実習」の意外な関係

    61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記 AERA

     61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。校長を務めた小学校が「プログラミンク教育推進校」だった福田さんは、指導教員育成の重要性に気づいていた。現在のボスと出会った福田さんが次に始めたのが&hell...

  • 61歳IT企業の新入社員が30代のボスと出会ったきっかけは「プログラミング教育」だった

    61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記 AERA

     61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。校長時代に「小学校プログラミンク教育の必修化」が決まり、推進校募集に名乗りを挙げた福田さんの小学校だったが……。福田さん奮闘の日...

  • プログラミング教育が必修化で現場に広がる悲痛な声… それでも取り組むべき意義とは?

    61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記 AERA

     61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。今回は、福田さんがプログラミング教育に取り組んていた校長時代の話です。*  *  * 私が60を過ぎて、公立の校長からプログラミング教育指導員として全国行脚...