第1212回 ゴロゴロ喉鳴らし、抱かれるマシロ

2017/02/02 10:30

 出会いは4年前の動物病院での譲渡会です。たくさんの猫がいる中、ほかの猫と遊ぶ元気な子がマシロ(写真、雌)でした。
 鼻先がとんがっていて横顔がとてもキュート。目は雲一つない澄んだ空のような色、一目惚れでした。
「その子、猫ちゃんとは仲良しなんですが、人にはなかなか……」と言う看護師さんにもシャーシャーと威嚇。近くで見ると耳は汚く、目頭から鼻にかけては涙のあとで真っ黒。お世話もさせないくらい人嫌いなのだろうと思い、ならばなおさらここに長くはいさせられない!と決心しました。
 聞くと福島からの避難猫だとか。はるばる福島から横浜まで来て、いろいろあって警戒するのでしょう。
 うちには先住猫のルークがいましたが、マシロとは4カ月の年の差なので大丈夫だろうと思い、翌日、マシロを家に迎えました。
 初めての環境でマシロはカーテンに隠れていたのですが、翌日、にゃーにゃーと助けを求める声に、慌てて行ってみると、落ち着ける場所を探していたのか、マシロが机と壁に挟まれて出られなくなっていました。
 私に気づき、威嚇をするかと思いきや、にゃーにゃーと助けを求めます。なのに何とか助けるとカーテンの中に逃げ込む……。
 そんなマシロも4歳になりました。相変わらず人は苦手で私と旦那以外には懐きませんが、嫌いだった抱っこは、ゴロゴロ喉を鳴らし、うれしそうに目を細めます。食後はご機嫌で、おなかをみせてまたゴロゴロ。
 一時期はストレスで背中の毛を抜くことがありましたが、今は背中は元通りになりました。当初は放射能の影響なども心配でしたが、のびのびしているマシロを見るうちに、そんな心配も消えました。これからもずっと、のびのびと長生きしてもらいたいと思います。

あわせて読みたい

  • 第1078回 家族と犬思いの番猫にゃーにゃ

    第1078回 家族と犬思いの番猫にゃーにゃ

    週刊朝日

    6/5

    第1182回 独りぼっちは嫌いなにゃーさん

    第1182回 独りぼっちは嫌いなにゃーさん

    週刊朝日

    6/30

  • 第1202回 父譲り 時代劇と演歌が好きなシロ

    第1202回 父譲り 時代劇と演歌が好きなシロ

    週刊朝日

    11/17

    高橋みなみがメロメロに? 夜中に布団に潜り込んでくる同棲相手の“にゃーちゃん”

    高橋みなみがメロメロに? 夜中に布団に潜り込んでくる同棲相手の“にゃーちゃん”

    AERA

    1/20

  • 第1162回 ナゾが多い「のあ」の生い立ち

    第1162回 ナゾが多い「のあ」の生い立ち

    週刊朝日

    2/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す