第1204回 シルキータッチの毛をなでながら 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1204回 シルキータッチの毛をなでながら

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 12年前、わが家にやって来たチュー子(写真、雌)です。ネズミ顔だったので、こんな名前になりました。
 子猫のときに外から網戸にへばりつき、中に入れて~と鳴きました。家にはすでに2匹の拾い猫がいたので、うんと迷った末に家族の一員として迎えました。
 チュー子は幼いころからミルク好きで、私がアイスクリームやヨーグルトを食べていると、いつの間にやら足元に寄ってきます。
 かつて先輩猫たちがいたころは食事どきも遠慮がちで、残った餌をゆっくり食べる子でした。今も餌に飛びつくことはなく、食も細くて、私をうらやましがらせるくらいにスリムです。
 チュー子のたった一つの短所は、私たち夫婦以外の人に警戒心がとても強いこと。訪問者の姿がある間はおろか、声が聞こえている間も全く姿を見せません。無理に抱いて連れてくると、「ア~ウ~ア~ウ~」と悲しそうに鳴きだします。だからチュー子の存在は、写真だけで知る人がほとんどです。
 不思議なことにチュー子は夫の足音を聞き分け、早くから玄関で待っています。チュー子が玄関のほうに移動したら、もうすぐ帰宅の合図なのです。
 先輩猫たちが天国に旅立って一人天下になった今、チュー子の楽しみは、私たちの就寝タイムを見計らって、家中を走り回りながら、なぜか途中にある戸棚という戸棚を開けることです。時には天袋によじ登り、ガサゴソやっています。
 思いっきり運動した後は、寒いころは布団にもぐり込んできて手枕で、夏場は足元の布団の上で眠ります。
 一日の終わりに、のどを鳴らすグルグルを聞きながら、シルキータッチの毛をなでるときが私の幸せタイムです。この安らかな時間が少しでも長く続きますようにと願いながら──。

(大江佳江子さん 和歌山県/68歳/主婦)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2016/12/ 1 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい