第1191回 元気さ頼もしい 牛模様のカウ

2016/09/01 10:32

「今日もワンワンいるかな? あ、いたいた。今日もワンワンに会えてよかったね、おばあちゃん」
 保育所帰りの子どもの声が聞こえる。道路からガラス戸越しに犬専用の部屋が見えるので、小中高生はもちろん、犬好きの大人も朝晩立ち止まって声をかけていく。
 犬の名前はカウ(写真、雄)。生後すぐに雪の中に捨てられていたのを息子が拾った。体の模様が牛にそっくりだったのでカウと名付けた、と息子は言う。
 甘えん坊、寂しがり、わがまま、そしてちょっとばかり利口なカウは、この家で自分が一番偉いと思っている。
 朝夕の散歩のときには、夫か息子が身支度を調え、ビニール袋などを持ったのを確かめてからおもむろに餌を食べ始める。それもゆっくりと。朝の忙しいときは、勤めに遅れないかと、見ている私がハラハラする。
 カウに馬鹿にされながらも甘やかす夫は「家来」、拾ってくれた息子は「ご主人様」、私のことは「怖いおばさん」とでも思っているらしく、3人に対する態度が微妙に違うのがおかしい。
 こんなカウも、散歩に出ると周囲からすこぶる評判がいい。可愛い、利口、品があるなどと声をかけられる。信号や十字路などで姿勢正しく座って待っている姿は、「どうです、ボクは可愛くて利口でカッコいいでしょ!!」と全身でアピールしているようだ。
 よく、動物は飼い主に似てくると言われるが、私たち家族に似て外面がいいのだろうと納得している。
 拾ってから14年。もう老犬の部類に入るカウだが、見た目は若々しく、老人の私たち夫婦にはカウの元気さが頼もしく思える。これからもできるだけ元気で、私たちの心を和ませてほしいと願っている。

あわせて読みたい

  • 第1211回 うっとりするようなフォルムに心底ぞっこん

    第1211回 うっとりするようなフォルムに心底ぞっこん

    週刊朝日

    1/26

    2度も奇跡を経験 車椅子で散歩を楽しむ甘えん坊ワンちゃん・こてつ

    2度も奇跡を経験 車椅子で散歩を楽しむ甘えん坊ワンちゃん・こてつ

    週刊朝日

    6/19

  • 第1142回 家族をつなぐいたずらっ子。その名も…

    第1142回 家族をつなぐいたずらっ子。その名も…

    週刊朝日

    9/10

    第1388回 坊さまのようなサーブ

    第1388回 坊さまのようなサーブ

    週刊朝日

    9/4

  • 第1048回 夫亡き後、癒やしてくれた小大郎

    第1048回 夫亡き後、癒やしてくれた小大郎

    週刊朝日

    10/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す