第1185回 「マリっぺ」と呼んでみようかしら 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1185回 「マリっぺ」と呼んでみようかしら

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 大阪での4年間の単身赴任を終えた主人が犬を飼いたいと言いだした。2人の息子も独立し、夫婦2人の生活が始まるのを少々不安に感じていた私も賛成した。
 6年前の2月、生後3カ月の赤毛の雌のトイプードルがやってきた。主人がマリ(写真)と名付けた。
 近所の犬はプリン、メロン、マロンにチョコとおいしそうな名前が多かったから、マリは人間っぽくていい。息子ばかりのわが家に、娘が誕生したみたいだ。
 主人が毎朝、出勤前に公園まで散歩させていたら、いつの間にか早朝の犬友達ができ、ご近所に知り合いが増えた。思わぬ副産物だった。
 マリは(飼い主に似て?)上品な犬で、餌にがっつくようなことは絶対にない。
 犬友達がマリにおやつをくれても、気に入らないと口にくわえて2メートルほど運び、ポイと捨ててしまう。それを他の犬が矢のように走ってきて食べる、と主人は得意げだった。
 家でも餌が大きいと「お口に入りませんわ」というように食べようとしない。その上、気に入ったトッピングがないと、餌の匂いをかいだだけで後ずさりして行ってしまう。
 また、マリは人が来たとき以外はほとんど吠えず、無駄吠えがほとんどない。そして、おなかがすくと私の口をなめに来て、「ゴワーン」と鳴く。嘘ではない。
 3年前に、主人の退職とともに長野のド田舎に越してきた。畑や田んぼの間を抜けて千曲川沿いを散歩するのが日課である。
 私たちが野菜を作っていると、畑の中を泥だらけになって走り回り、高台から河原に向かって遠吠えのように思いっきり吠えている。
 都会にいたときは犬友達から「マリ姫」と呼ばれていたが、こちらに来てからは「マリっぺ」と呼ぶのがふさわしい気がしている。

(新海敦子さん 長野県/61歳/主婦)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2016/7/21 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい