第1158回 家族みんなで育んだ命 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1158回 家族みんなで育んだ命

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月15日は祖父の命日。2014年のその日、仕事を終えて帰宅すると、家族が段ボール箱を囲んでいた。のぞくと、中には片手に収まるほどの小さな雄の子猫がいた。
 家のすぐそばで、ひとりで鳴いていたのを姉が見つけた。親猫とはぐれてしまったのか、心ない人に捨てられたのかはわからない。
 すでに3匹の猫が暮らしている猫好きなわが家。放っておけるわけがない。小さな命を守るため、忙しい日々が始まった。
 子猫のための“夜勤”は交代で行った。当番の日は、彼を寝床代わりの段ボール箱ごと寝室に移動させ、眠りにつく。
 数時間たつと、カサカサせわしい音とミーミー鳴く声で目が覚める。ミルクの時間だ。粉ミルクを作って、スポイトで口元に運ぶ。なかなか上手に吸えないが、彼も懸命だ。スポイト数回分で小さなおなかはいっぱいになり、また眠る。最初は3時間おきだったので寝不足になった。
 1週間たつとチョコチョコ歩くようになり、ミルクもチッチッチッとリズムよく飲めるようになった。
 トイレで初めてウンチができた日は、「よくここまで成長した」と、家族みんなで大喜び。当時、テレビからよく聞こえていた中島みゆきさんの「麦の唄」からいただいてムギとした。
 ムギはすぐに大きくなった(写真)。7歳の雄猫キナコはよきレスリング相手だ。16歳を超えた雌猫2匹は、やんちゃなムギにはノータッチである。
 身軽なので服に爪を立てて父の肩まで登ったり、廊下をダッシュで往復したり。ムギはまだまだ好奇心旺盛な若猫だ。
 小学生のころから20年、縁あって個性豊かな猫たちと暮らしてきた。これからも感謝を込めて猫たちの命を大切にしたい。

(玉井理紗さん 愛媛県/29歳/会社員)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2016/1/ 7 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい