第1152回 イクメンのお手本 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

第1152回 イクメンのお手本

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

「もう飼えないわよ。私も年なんだから」
 妻が電話でそんなことを言っている。かつては猫を20匹ほど飼っていたが、おばあちゃん猫のナツちゃんを残すだけとなっていた。
 電話の相手は病院に勤める娘だった。妻は通話を終えると、私にこう言った。
「入院していた方が亡くなってね、飼い猫が何匹か残ってしまったんですって」
「全部引き取るのか?」
「とんでもない。1匹だって無理よ」
 何日かして、娘がやって来た。手土産に子猫の時期を過ぎた中猫が1匹。「ほかのはもらい手がついたんだけど、この子だけ残ってしまって」と、娘。
 妻は根負けしたようにキャリーバッグの中を覗き込んだ。「タヌキみたい。シャムかしらね」。おびえている猫を抱き上げ、「もう大丈夫だからね」。そそくさと台所に連れていき、餌を与えた。こうなれば、もうこの子はうちの子だ。娘も心得たものである。
 タヌキ顔なのでポン太(写真右)と名付けた。名前はいつも、思いつきでつける。凝った名前で幸せになるわけでもなかろう、というのが私の持論である。
 あれから1年。ポン太の体重は約6キロ。堂々たる体躯の家猫になっている。
 見かけによらず甘えん坊で、ママっ子である。雄猫だがやさしく、今年2月に新たに飼い始めたチビ猫モカ(同左)の母親代わりとして、面倒をみてくれる。
 ナツちゃんは面倒がって逃げ回っているが、ポン太はイクメンぶりを発揮し、長いしっぽをフリフリしながらモカの遊び相手をしてくれている。
「ポン太はやさしいのね」
 妻はべた褒めである。
 人間の子どもと同じで、とにかく子猫はしつこいのだが、ポン太はめったに怒らない。イクメンのお手本にしたいような猫である。

(宮野敬さん 神奈川県/85歳/隠居)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2015/11/19 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい