第1152回 イクメンのお手本

2015/11/19 10:32

「もう飼えないわよ。私も年なんだから」
 妻が電話でそんなことを言っている。かつては猫を20匹ほど飼っていたが、おばあちゃん猫のナツちゃんを残すだけとなっていた。
 電話の相手は病院に勤める娘だった。妻は通話を終えると、私にこう言った。
「入院していた方が亡くなってね、飼い猫が何匹か残ってしまったんですって」
「全部引き取るのか?」
「とんでもない。1匹だって無理よ」
 何日かして、娘がやって来た。手土産に子猫の時期を過ぎた中猫が1匹。「ほかのはもらい手がついたんだけど、この子だけ残ってしまって」と、娘。
 妻は根負けしたようにキャリーバッグの中を覗き込んだ。「タヌキみたい。シャムかしらね」。おびえている猫を抱き上げ、「もう大丈夫だからね」。そそくさと台所に連れていき、餌を与えた。こうなれば、もうこの子はうちの子だ。娘も心得たものである。
 タヌキ顔なのでポン太(写真右)と名付けた。名前はいつも、思いつきでつける。凝った名前で幸せになるわけでもなかろう、というのが私の持論である。
 あれから1年。ポン太の体重は約6キロ。堂々たる体躯の家猫になっている。
 見かけによらず甘えん坊で、ママっ子である。雄猫だがやさしく、今年2月に新たに飼い始めたチビ猫モカ(同左)の母親代わりとして、面倒をみてくれる。
 ナツちゃんは面倒がって逃げ回っているが、ポン太はイクメンぶりを発揮し、長いしっぽをフリフリしながらモカの遊び相手をしてくれている。
「ポン太はやさしいのね」
 妻はべた褒めである。
 人間の子どもと同じで、とにかく子猫はしつこいのだが、ポン太はめったに怒らない。イクメンのお手本にしたいような猫である。

あわせて読みたい

  • 第1374回 ハンサムになった元野良のモカ

    第1374回 ハンサムになった元野良のモカ

    週刊朝日

    5/22

    第1064回 クララの命引き継いだ猫のラロ

    第1064回 クララの命引き継いだ猫のラロ

    週刊朝日

    2/20

  • 第1154回 「幸せ」の化身

    第1154回 「幸せ」の化身

    週刊朝日

    12/3

    第1347回 毛の色がタヌキに似ているポン太

    第1347回 毛の色がタヌキに似ているポン太

    週刊朝日

    11/1

  • 子猫を拾ったらどう保護すれば? 北原みのりの場合

    子猫を拾ったらどう保護すれば? 北原みのりの場合

    AERA

    11/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す