第52回 ボクシングでときめく (2/2) |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第52回 ボクシングでときめく

文・大谷由里子

プロフィール  バックナンバー

マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 わたしにかまいながらも、しっかり、他のお客さんもフォローしている。

 もっとも、サンドバックとか、ひとりでトレーニングできるものも多いので、放っておかれてもまったく気にならない。

 いつのまにか真剣になってやっている。

 そして、めっちゃ汗をかいている。

「リングに上がってみますか?」

「いいんですか!?」

「もちろん!」

 生まれて初めてのリング。

 相手をしてくれるのは、インストラクターの彼。

「バシッとたたいてください」

「はい」

 めっちゃ、いい音が鳴る。

 快感!

 すっかりはまってしまった。

 思わず入会。

 なぜ、アイドルや女優さんたちがはまるのかわかった。

 気分がスッキリするうえに、ダイエットになるなら一石二鳥。

 それだけじゃない。

 ジムに来ている男性たちもみんなイケメンばっかり(笑)。

「大谷さん、お茶しましょう」

 と、終わってからお茶を飲みに。

「こんな楽しい世界があったんだ!」

 どのスポーツをやっても続かなかったわたし。

 でも、ボクシングだけは絶対続けられそう。


(更新 2016/2/17 )


バックナンバー

コラム一覧

プロフィール

大谷由里子(おおたに・ゆりこ)

 1963年奈良県生まれ。京都ノートルダム女子大学を卒業後、吉本興業に入社。故・横山やすし氏のマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売りだし注目を集める。2003年、研修会社の志縁塾を設立。「笑い」を取り入れた「人材育成研修」は、NHKスペシャルなど多くのメディアで話題となっている。 現在は、年間300を超える講演・研修をプロデュース中。主な著書に『仕事で大事なルールは吉本興業で学んだ』(こう書房)、『はじめて講師を頼まれたら読む本』(中経出版)など多数。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい