クイーン、『グレイテスト・ヒッツ』が全英で700万枚を売り上げた初のアルバムに

2022/07/21 14:11

クイーン、『グレイテスト・ヒッツ』が全英で700万枚を売り上げた初のアルバムに
クイーン、『グレイテスト・ヒッツ』が全英で700万枚を売り上げた初のアルバムに


 クイーンによるアルバム『グレイテスト・ヒッツ』の全英チャート・セールスが700万枚を超え、この快挙を成し遂げた初のアルバムになった。本作は、2014年に600万枚のセールスを記録していた。
 英オフィシャル・チャート・カンパニー(OCC)によると、この記録は全英におけるフィジカル、ダウンロード、そして12.6億回に及ぶストリーミング数に基づいている。バンド・メンバーのブライアン・メイとロジャー・テイラーは、YouTubeに公開された動画の中で、今回の偉業について“恐縮で光栄です”と話している。
 クイーンが全英アルバム・チャートで首位に輝いた10作のうちの一つである『グレイテスト・ヒッツ』は、先日同チャートで1,000週チャートインしたことが発表されたばかりだ。イギリスのアーティスト、またはロック・バンドによるアルバムとしては初の快挙で、全体ではABBAと故ボブ・マーリーに続く3作目となる。
 1981年にリリースされた『グレイテスト・ヒッツ』には、「Bohemian Rhapsody」、「Flash」、「Killer Queen」、「You're My Best Friend」、「Somebody To Love」、「We Are The Champions」、「We Will Rock You」や故デヴィッド・ボウイとのコラボ「Under Pressure」などのヒット曲が収録されており、全英アルバム・チャートで4週にわたり1位を獲得した。OCCによると、全英で最もストリーミングされているのは「Bohemian Rhapsody」で、現在までに2.4億回再生されている。
 OCCのCEOであるマーティン・タルボットは、リリース当時『グレイテスト・ヒッツ』のようなキャリアを網羅した作品は「比較的珍しく、非常にビッグなアーティストのみの領域でした」と指摘している。さらに彼は、アルバムは「現在英国内の4世帯に1世帯以上のレコード・コレクションに収められていると言われており、本作の記録的な成功は、他のどの作品よりもヒット曲をパッケージ化するということを、今日における一般的なアルバム・コンセプトにしたと言っても過言ではないでしょう」と説明した。
 クイーン+アダム・ランバートは、先月バッキンガム宮殿前で開催されたエリザベス女王の即位70周年記念コンサートにて、「We Will Rock You」、「Don’t Stop Me Now」、「We Are The Champions」などを含むミニ・ライブを披露した。また、バンドのヨーロッパ・ツアーの一環として、英ロンドンのO2アリーナで行われたライブの模様を捉えたコンサート映画『Rhapsody Over London』が、 Kisweのグローバル・ストリーミング・プラットフォームにて、現地時間7月24日にプレミア配信されることが決定している。この配信では、メイ、テイラー、ランバートによるライブQ&Aも実施される。

あわせて読みたい

  • クイーン、『グレイテスト・ヒッツ』が全英アルバム・チャートに1,000週チャートイン

    クイーン、『グレイテスト・ヒッツ』が全英アルバム・チャートに1,000週チャートイン

    Billboard JAPAN

    6/8

    クイーン『グレイテスト・ヒッツ』、全英で最もストリーミングされた1970年代から90年代発売のアルバムに

    クイーン『グレイテスト・ヒッツ』、全英で最もストリーミングされた1970年代から90年代発売のアルバムに

    Billboard JAPAN

    11/30

  • クイーンの『グレイテスト・ヒッツ』、イギリスで10人に1人が所有

    クイーンの『グレイテスト・ヒッツ』、イギリスで10人に1人が所有

    Billboard JAPAN

    2/12

    ABBA、『アバ・ゴールド』が全英アルバム・チャートに1,000週チャートインした初の作品に

    ABBA、『アバ・ゴールド』が全英アルバム・チャートに1,000週チャートインした初の作品に

    Billboard JAPAN

    7/6

  • フレディ・マーキュリー生誕70年 エイズ撲滅チャリティイベント開催! グッズ販売やクイーン特別編集映像も

    フレディ・マーキュリー生誕70年 エイズ撲滅チャリティイベント開催! グッズ販売やクイーン特別編集映像も

    Billboard JAPAN

    8/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す