故カート・コバーン、ロバート・パティンソン演じる映画『ザ・バットマン』主人公のモデルになっていたことが明らかに

2021/12/21 14:09

故カート・コバーン、ロバート・パティンソン演じる映画『ザ・バットマン』主人公のモデルになっていたことが明らかに
故カート・コバーン、ロバート・パティンソン演じる映画『ザ・バットマン』主人公のモデルになっていたことが明らかに


 ニルヴァーナのフロントマン、故カート・コバーンが、映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』でロバート・パティンソンが演じる主人公ブルース・ウェインのモデルになっていたことを監督のマット・リーブスが明かした。
 現地時間2021年12月18日に公開された英エンパイア誌とのインタビューで、リーブスは「(脚本を)書くとき、音楽を聴きながら行うのですが、序幕を執筆をしている際、ニルヴァーナの“サムシング・イン・ザ・ウェイ”をかけたんです」と話した。「その時、我々が過去に見たことがあるプレイボーイではなく、とても悲劇的な体験をした世捨て人という異なるバージョンのブルース・ウェインにすることを思いつきました。それが、ガス・ヴァン・サントの“ラスト・デイズ”と(映画の中で)老朽化が進む邸宅で暮らす、カート・コバーンから着想を得た主人公のイメージに結びついていったんです」と彼は続けた。
 2022年3月11日に日本公開される映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』ではロバート・パティンソンが主役を務めるが、彼が役にピッタリの俳優だったとリーブスは同インタビューで太鼓判を押している。パティンソンの主演作『グッド・タイム』に触れ、「あの映画では、彼の脆さや絶望を強く感じとることができ、同時に彼の力強さも感じられます」と述べると、「これは素晴らしいバランスだと思います。それに彼はカート・コバーンのように見た目がロックスターぽくもありますが、世捨て人にもなりうると感じるんです」と話した。
 2020年8月に解禁された映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』のトレイラー映像には、ニルヴァーナの「サムシング・イン・ザ・ウェイ」のオーケストラ・バージョンが起用されていた。映画では、ゾーイ・クラビッツがキャットウーマン、ポール・ダノがリドラー、ジェフリー・ライトがジェームズ・ゴードン、アンディ・サーキスがアルフレッド、ジョン・タトゥーロがカーマイン・ファルコーネを演じている。

あわせて読みたい

  • コートニー・ラヴ、故カート・コバーンへ誕生日メッセージ

    コートニー・ラヴ、故カート・コバーンへ誕生日メッセージ

    Billboard JAPAN

    2/21

    カート・コバーン 初の完全公認ドキュメンタリー映画全国公開 製作総指揮はカートの娘フランシス

    カート・コバーン 初の完全公認ドキュメンタリー映画全国公開 製作総指揮はカートの娘フランシス

    Billboard JAPAN

    5/7

  • カーディ・B、ロバート・パティンソンとの初対面に大興奮

    カーディ・B、ロバート・パティンソンとの初対面に大興奮

    Billboard JAPAN

    11/9

    ハリー・スタイルズ出演映画の撮影が一時中断、制作スタッフの新型コロナ感染を受けて

    ハリー・スタイルズ出演映画の撮影が一時中断、制作スタッフの新型コロナ感染を受けて

    Billboard JAPAN

    11/6

  • カート・コバーンの死から21年……タブーに切り込んだ衝撃作公開「カートはコートニーによって殺された」

    カート・コバーンの死から21年……タブーに切り込んだ衝撃作公開「カートはコートニーによって殺された」

    Billboard JAPAN

    9/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す