ジャスティン・ビーバー、ドレッドヘアからバズカットにイメチェン 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジャスティン・ビーバー、ドレッドヘアからバズカットにイメチェン

Billboard JAPAN
ジャスティン・ビーバー、ドレッドヘアからバズカットにイメチェン

ジャスティン・ビーバー、ドレッドヘアからバズカットにイメチェン


 現地時間2021年5月23日、ジャスティン・ビーバーが批判の的となっていたドレッドヘアからバズカット(坊主)にイメチェンした写真を自身のインスタグラムに投稿した。

 ジャスティンは、妻のヘイリーと食事をしながら、新しいバズカットをお披露目する写真に「ハッピー、サンデー」とキャプションを付けて投稿した。ワンリパブリックのライアン・テダーは「刈ったね、ブロ」とコメントし、ファンは「BUZZTIN」(バズカットのBUZZとジャスティンのTINを掛け合わせた造語)の復活を歓迎した。

 ジャスティンは、2016年に4枚目のアルバム『パーパス』をリリースした後にドレッドヘアにしていたが、その際に文化の盗用だという議論が巻き起こった。当時、ジャスティンは「“その髪型どうするの?そのままにしておくの?”、ある女の子には“ジャスティン、あなたのことは大好きだけど、私はその髪型が一番嫌いなの”って言われたよ」とふざけながら話すインスタグラム動画を公開し、集まった批判に反応していた。

 今年4月末に、ジャスティンが再びドレッドヘアにしたことは、一部のファンを激怒させた。ジャスティンはこれまで、自分の歌、ダンス、パフォーマンス、服装などのスタイルを指して、どれだけ「ブラック・カルチャーから恩恵を受け」、「インスピレーションを受けてきたか」を明確に語ってきたが、ファンたちは彼にブラック・カルチャーについてより学ぶことを要求した。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい