シド Shinjiがソロプロジェクト始動、Rayflower 田澤孝介との“fuzzy knot”でSgリリースへ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

シド Shinjiがソロプロジェクト始動、Rayflower 田澤孝介との“fuzzy knot”でSgリリースへ

Billboard JAPAN
シド Shinjiがソロプロジェクト始動、Rayflower 田澤孝介との“fuzzy knot”でSgリリースへ

シド Shinjiがソロプロジェクト始動、Rayflower 田澤孝介との“fuzzy knot”でSgリリースへ


 シドのShinji(Gt)がソロプロジェクトを始動する。ヴォーカルにRayflowerの田澤孝介(ex. Waive)を迎えた新ユニット、fuzzy knotを結成。1stシングル「こころさがし」を4月26日に配信限定でリリースする。

 田澤孝介は、SOPHIAの都啓一を中心に結成され、ドラムにZIGZOのSakura、ベースにBULL ZEICHEN 88のIKUO、ギターにAcid Black Cherryのサポートとして活躍したYUKI、と名だたるミュージシャンによるスーパーバンド“Rayflower”のヴォーカルとしても活動する超実力派シンガーだ。

 “fuzzy knot”の意味は「曖昧な結び目」。Shinjiが最も影響を受けた90年代のサウンドを織り交ぜつつ、ギターロックだけではなくジャンルに“縛られない”音楽を発信する、として名付けられたとのこと。曲の解釈、“最後の締め”は聞き手次第という2人からのメッセージでもある。

 「ソロプロジェクトだからシドと違うことをやろう、というわけではなく、“自分のやりたいことはこれ”と明確にすることがfuzzy knotをやる理由」と語るShinjiと、それに共鳴する田澤。そんな2人の曲は、シドで培われたShinjiのキャッチーなメロディーと、ハイトーンヴォイスを自在に操る田澤の突き抜けた歌声によって織りなされる。作曲は全てShinji、作詞は田澤と楽曲の全てを2人で担っている。

 配信限定でリリースされる1stシングル「こころさがし」のテーマは春だ。軽快なロックサウンドから感じられるポジティブさとは裏腹な憂いを帯びた歌詞が、変化に対する期待と不安に揺れ動く心情を歌う一曲であり、90年代の要素も各所に散りばめられた、どこか懐かしくも新しさを感じる楽曲となっている。

 「こころさがし」の音源は4月23日放送のNACK5『BEAT SHUFFLE』にて初OAされる予定だ。

 なお、デビューに先駆けてオフィシャルサイト、公式Instagramが開設。「こころさがし」配信日当日の4月26日19時30分からは、MAVERICK DC GROUPの公式YouTubeチャンネルにてデビュー特別番組を生配信する。「fuzzy knot」として姿を現すのは同番組が初。番組内では「こころさがし」のMusic Videoを初解禁する。



◎リリース情報
シングル「こころさがし」
2021/4/26 Release
DCCA-1050

◎番組配信情報
≪fuzzy knotデビュー特別番組≫
『「fuzzy knot デビュー&1st SINGLE「こころさがし」リリース記念特別番組』
【配信日時】 2021年4月26日(月) 19:30~
https://youtu.be/9p3P7ramUVg


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい