加山雄三が60年代の自分と時空を超えたコラボ 「紅いバラの花」リリース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

加山雄三が60年代の自分と時空を超えたコラボ 「紅いバラの花」リリース

Billboard JAPAN
加山雄三が60年代の自分と時空を超えたコラボ 「紅いバラの花」リリース

加山雄三が60年代の自分と時空を超えたコラボ 「紅いバラの花」リリース


 新旧の加山雄三が時空を超えてデュエットした「紅いバラの花」が、4月11日に配信リリースされる。

 2020年9月に誤嚥による咳き込みから小脳内出血を発症した加山雄三。リハビリとトレーニングを行い、自宅の倉庫を整理したところ、1960年代に収録した数十本に及ぶオープンリールが状態も良く見つかったという。その中から、アコースティックギター1本で歌った「紅いバラの花」を発見。その音源を、リハビリ中の加山本人がディレクションをし、当時のヴォーカルを活かしつつ、バンドアレンジと現在の加山のヴォーカルがレコーディングされた。

 Aメロには当時(1960年代)の加山が、Bメロは今(2021年)の加山が、戻ったAメロは当時の加山に今の加山がハモをつけ新旧二人の加山雄三によるコラボレーション。歌詞もストレートな湘南サウンドの象徴といえる「夜空の星」や「蒼い星くず」を彷彿とさせるもっとも加山作品の印象が色濃い内容となっている。同作品は加山雄三84歳の誕生日の4月11日に半世紀の時を超え自身初のデジタルシングルとしてリリースされ活動再開となる。


◎リリース情報
「紅いバラの花」
2021/4/11 RELEASE
255円


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい