ブルーノ・マーズ、「グレネイド」が自身6作目となる10億再生を突破 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ブルーノ・マーズ、「グレネイド」が自身6作目となる10億再生を突破

Billboard JAPAN
ブルーノ・マーズ、「グレネイド」が自身6作目となる10億再生を突破

ブルーノ・マーズ、「グレネイド」が自身6作目となる10億再生を突破


 2010年にリリースされたブルーノ・マーズのヒット曲「グレネイド」のミュージックビデオ再生回数がYouTubeで10億回を突破したことが分かった。

 「ジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー」(15億再生、2010年発表)、「ザ・レイジー・ソング」(20億再生、2011年発表)、マーク・ロンソンとの「アップタウン・ファンク」(40億再生、2014年発表)、「24K・マジック」(13億再生、2016年発表)、「ザッツ・ホワット・アイ・ライク」(18億再生、2017年発表)に続く、自身6作目の10億再生突破だ。

 デビュー・アルバム『ドゥー・ワップス&フーリガンズ 』からセカンド・シングルとしてリリースされた本曲は、自身3曲目の米ビルボードNo.1を記録し、2012年の【第54回グラミー賞】で<年間最優秀レコード賞>、<年間最優秀楽曲賞>、<最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)賞>にノミネートされた。昨年10月にはアメリカレコード協会(RIAA)よりダイアモンド認定されている。

 MVでブルーノは、思いの届かない恋人へ愛の大きさを伝えるために、ピアノを引きずってロサンゼルス中を歩きまわるが、その恋人が家で別の男性といるのを見て、愕然とする男性を演じ、最後は衝撃的な終わりを迎える。

 ブルーノ・マーズは日本時間3月15日に開催される【第63回グラミー賞授賞式】で、アンダーソン・パークとのグループ、シルク・ソニックとしてパフォーマンスを行うことが発表されたばかりだ。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい