【先ヨミ】BAEKHYUNの日本1stミニ・アルバム『BAEKHYUN』7万枚超で首位走行中 TXT・リトグリが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】BAEKHYUNの日本1stミニ・アルバム『BAEKHYUN』7万枚超で首位走行中 TXT・リトグリが続く

Billboard JAPAN
【先ヨミ】BAEKHYUNの日本1stミニ・アルバム『BAEKHYUN』7万枚超で首位走行中 TXT・リトグリが続く

【先ヨミ】BAEKHYUNの日本1stミニ・アルバム『BAEKHYUN』7万枚超で首位走行中 TXT・リトグリが続く


 今週のCDアルバム売上レポートから2021年1月18日~1月20日の集計が明らかとなり、BAEKHYUNの『BAEKHYUN』が70,129枚を売り上げて首位を走っている。

 本作は、EXOのBAEKHYUNによる日本1stミニ・アルバムで、R&Bをベースにした日本オリジナル楽曲が全6曲収録されている。

 そんな『BAEKHYUN』とおよそ800枚の接戦を繰り広げているのが、TOMORROW X TOGETHERの『STILL DREAMING』だ。日本1stアルバムとなる本作には、韓国でリリースされたミニ・アルバム『minisode1 : Blue Hour』に収録された「Blue Hour」の日本語バージョン「5時53分の空で見つけた君と僕 [Japanese Ver.]」や、Mrs. GREEN APPLEの大森元貴が書き下ろした新曲「Force」など、計10曲が収録されている。

 3位は、Little Glee Monsterの初のベスト・アルバム『GRADATI∞N』が登場。2014年にリリースしたデビュー・シングル「放課後ハイファイブ」から最新曲「Dear My Friend feat.Pentatonix」まで、全49曲が収録されている。

 4位には、Da-iCEの『SiX』が11,005枚を売り上げて、速報トップ5入り。本作は、6か月連続リリースの集大成となるアルバムで、2020年8月~12月にリリースされた5作のシングルが収録されている。そして5位には、9,341枚を売り上げてBAND-MAIDの『Unseen World』が入っている。本作は、ポニーキャニオン移籍第1弾アルバムで、BAND-MAIDにとって4枚目のフル・アルバムとなる。

 
◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2021年1月18日~1月20日)
1位『BAEKHYUN』BAEKHYUN(70,129枚)
2位『STILL DREAMING』TOMORROW X TOGETHER(69,286枚)
3位『GRADATI∞N』Little Glee Monster(18,982枚)
4位『SiX』Da-iCE(11,005枚)
5位『Unseen World』BAND-MAID(9,341枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい