【ビルボード】LiSA『LEO-NiNE』が総合アルバム首位 米津玄師/和楽器バンドが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】LiSA『LEO-NiNE』が総合アルバム首位 米津玄師/和楽器バンドが続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】LiSA『LEO-NiNE』が総合アルバム首位 米津玄師/和楽器バンドが続く

【ビルボード】LiSA『LEO-NiNE』が総合アルバム首位 米津玄師/和楽器バンドが続く


 2020年10月26日付(集計期間:2020年10月12日~10月18日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”で、LiSAの『LEO-NiNE』が総合首位を獲得した。

 本作はLiSAにとって3年ぶり、5枚目となるオリジナル・アルバムで、CDセールスは初週66,165枚で1位、ダウンロードも5,826DLで1位と2冠を記録した。また、ルックアップでは3位を記録しており、2位に3倍以上の総合ポイントを獲得して本チャートの首位に輝いた。ちなみにLiSAは当週「炎」が総合ソング・チャート首位を記録しており、ビルボードジャパンがチャート公表を開始して以来、初めて同一週に総合ソング・チャートと総合アルバム・チャートを制覇した。

 総合2位には、米津玄師の『STRAY SHEEP』が前週4位から上昇してチャートイン。総合2位は3週ぶりであり、CDセールス6位、ダウンロード2位、ルックアップ1位を記録している。そして、和楽器バンドの『TOKYO SINGING』が前週10位から当週3位に上昇。10月14日にCDリリースされ、ダウンロードにCDセールスのポイントが加わったため上昇したと考えられる。同様に、BLACKPINKの『THE ALBUM』も、CDセールスのポイントが加わり、前週26位から当週4位に上昇している。

 そのほかトップ10に初登場したのは、氷川きよしによる演歌あり、ロックありのアルバム『生々流転』(総合7位)と、これまでのDREAMS COME TRUEの楽曲をディスコ仕様に変換した『DOSCO prime』(総合9位)の計2作品。『DOSCO prime』は10月17日より開催されているDREAMS COME TRUE初のオンライン・イベント【DREAMS COME TRUE WINTER FANTASIA 2020 -DOSCO prime ニコ生 PARTY !!! -】の一環として発売された。

 11位以下の動きでは、back numberの『アンコール』が前週の87位から39位に上昇。特にダウンロード指標を伸ばしており、前週の2倍以上のポイントを獲得した。back numberは10月12日にTBS系日曜劇場『危険なビーナス』の主題歌として書き下ろした新曲「エメラルド」を配信限定でリリースした。


◎【HOT ALBUMS】トップ10
1位『LEO-NiNE』LiSA
2位『STRAY SHEEP』米津玄師
3位『TOKYO SINGING』和楽器バンド
4位『THE ALBUM』BLACKPINK
5位『永遠より長い一瞬 ~あの頃、確かに存在した私たち~』欅坂46
6位『おいしいパスタがあると聞いて』あいみょん
7位『生々流転』氷川きよし
8位『unknown』ReoNa
9位『DOSCO prime』DREAMS COME TRUE
10位『ひなたざか』日向坂46


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい