SOMETIME’S、2ndデジタルシングル「Take a chance on yourself」配信リリース&MV公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

SOMETIME’S、2ndデジタルシングル「Take a chance on yourself」配信リリース&MV公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
SOMETIME’S、2ndデジタルシングル「Take a chance on yourself」配信リリース&MV公開

SOMETIME’S、2ndデジタルシングル「Take a chance on yourself」配信リリース&MV公開


 SOTA(Vo.)、TAKKI(Gt.)からなる2人組の音楽ユニット・SOMETIME’Sが、2ndデジタルシングル「Take a chance on yourself」を配信スタート。併せてオフィシャルビデオを公開した。
https://youtu.be/cCXgY_9hbW0

 SOMETIME’Sは2017年に結成。ライブを中心に活動を続け、2020年より音源制作に着手。70~80年代の日本のポップスの黄金期を受け継ぎながら、ソウル、R&B、ロックなどの洋楽エッセンスを加えた音楽性。そして、ソウルフルな歌声と確かなテクニックに裏打ちされたサウンドメイク。ポップ・ミュージックの楽しさ、豊かさ、華やかさをたっぷりと感じさせてくれるニューカマーだ。

 「Take a chance on yourself」では、レコーディングエンジニアに藤井亮佑を迎え、1stデジタルシングル「Honeys」とは打って変わって横揺れなミドルナンバーとなっている。また、今作のミュージック・ビデオは、前作に引き続き気鋭のディレクターNasty Men$ahを迎え制作された。なお「Honeys」は、Youtube総再生数54万回、さらに各種サブスクリプションサービスでも累計10万再生を超えている。


◎配信情報
「Take a chance on yourself」
2020/7/31 配信スタート
<クレジット>
Music:SOTA Word:TAKKI
Arrangement:藤田道哉
Support Musicians
Drums:冨田洋之進(Omoinotake)
Ba:佐々木恵太郎
Percussion:ぬましょう/
Sax:永田こーせー
Tp:吉澤達彦
Tb:寺谷光
Pf:清野雄翔
Mix Engineer:藤井亮佑
Mastering Engineer:Randy Merrill


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい