宮本笑里、初の自作曲オリジナル楽曲中心のEPをリリース&5月にはツアーも 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

宮本笑里、初の自作曲オリジナル楽曲中心のEPをリリース&5月にはツアーも

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
宮本笑里、初の自作曲オリジナル楽曲中心のEPをリリース&5月にはツアーも

宮本笑里、初の自作曲オリジナル楽曲中心のEPをリリース&5月にはツアーも


 宮本笑里が、初の自作曲オリジナル楽曲中心のEP『Life』を、4月8日に発売することが決定した。

 宮本笑里は2007年にアルバム『smile』でデビュー。クラシックからポピュラーまで、多彩なジャンル演奏できるヴァイオリストとして、これまでに8枚のオリジナル・アルバムと2枚の企画アルバム、1枚のベスト盤をリリースしてきた。これまでのディスコグラフィでも、各アルバムに1曲程度、自ら作曲した曲を収録してきた宮本笑里だが、今回のEPでは、宮本の13年目を迎える音楽活動で初めて、自作曲のオリジナル曲を中心とした構成で制作。タイトル「Life」には、宮本のこれまでの人生(Life)の様々な気持ちが込められた収録曲が、聴いてくれるリスナー、一人ひとりの人生(Life)の力になるようにとの願いが込められている。

 また、初回生産限定盤に付属のDVDには、2019年の1月に行われたツアー【classique】の様子が数曲収録、コンサートの盛り上がりを追体験できる。

 宮本笑里は、本作について「今回のEPには、私の人生『Life』そのものが投影されています。ちょっとワクワクしたとき、落ち込んで、ため息が出てしまう時、こころが飛び跳ねるほど楽しい時の感情。良い時もあれば、思い通りにいかないことも多いですが、生きているからこそ1日1日を大切にしたいものです。私自身のこれまでと、これからのLife 。聴いてくださる皆様のこれまでと、これからのLife。この作品を通して、新しい宮本笑里を感じて頂き、みなさまと少しでも多く心繋がる瞬間がありましたらしあわせです」と抱負を述べている。なお、5月からは横浜、東京、大阪のビルボードライブツアーも開催される。

◎リリース情報
『Life』
2020/4/8 RELEASE
<初回生産限定盤(スリーブ・ケース、DVD付き)>SICL-30049~30050 2,500円(tax out)
<通常盤>SICL-30051 2,000円(tax out)

◎ツアー情報
2020年5月17日(日)ビルボードライブ横浜
2020年5月23日(土)ビルボードライブ東京
2020年5月29日(金)ビルボードライブ大阪


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい