星野源のオフィシャル本『YELLOW MAGAZINE』にバナナマンら登場 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

星野源のオフィシャル本『YELLOW MAGAZINE』にバナナマンら登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
星野源のオフィシャル本『YELLOW MAGAZINE』にバナナマンら登場

星野源のオフィシャル本『YELLOW MAGAZINE』にバナナマンら登場


星野源の2019年の音楽活動を記録したオフィシャル・イヤーブック『YELLOW MAGAZINE 2019-2020』の予約販売が、アーティストオンラインショップ「A!SMART」でスタートした。

 誌面&デザインをリニューアルして、昨年よりも20ページ以上増の全164ページで制作。2019年の星野源を様々な角度から切り取った1冊となっている。

 ロングインタビューではドームツアーを経て、EP『Same Thing』をリリースし、未知なる場所へと踏み出していく過程とそこで得た経験について、星野源の本音が詳細に語られている。カバーストーリーは昨年に引き続き、ニューヨークを拠点に活躍する写真家・小浪次郎が担当。初となる海外ツアー【Gen Hoshino “POP VIRUS” World Tour】のニューヨーク公演直後、プライベートな雰囲気での街を散策する星野源のリラックスした表情が印象的なカットを多数収録。

 本誌に付属する『YELLOW DISC』には、日村勇紀(バナナマン)「誕生日の歌」10年分、全楽曲が初収録。対談/鼎談企画には、バナナマンが登場し、ソロデビュー以前からの親交の育みを構成作家の寺坂直毅とオークラと共に振り返る。また、EP『Same Thing』での共作が話題を呼んだPUNPEEと、星野源のバンドメンバーの一員としてドーム&海外ツアーに参加したSTUTSを交えての鼎談企画や、同じくバンドメンバーの河村“カースケ”智康と石橋英子、櫻田泰啓の三者による海外ツアー総括企画など、『YELLOW MAGAZINE』でしか読めない濃密なエピソードが満載。

 さらに、注目の執筆陣によるコラムやレビューはもちろん、気鋭のクリエイターによる撮りおろしビジュアルなど、様々なコンテンツが凝縮している。

 『YELLOW MAGAZINE 2019-2020』には、購入者のみが利用できるWEBサービス「YELLOW PASS」に登録できるアクセスコードも付属。「YELLOW PASS」に登録すると、星野源のライブの最速チケット先行受付(抽選)への応募が可能になる他、フォトギャラリー、限定イベントへの参加など、限定サービスが受けられる。サービス開始は4月を予定。

 『YELLOW MAGAZINE 2018-2019』を購入し、現YELLOW PASSに登録の会員が、本誌『YELLOW MAGAZINE 2019-2020』を期間内に購入すると、継続特典として、星野源に影響を与えてきた“102枚”を紹介するスペシャルブック『ONE HUNDRED AND TWO DISCS』が付属する。今までラジオや雑誌など、様々なメディアで星野源自身が紹介してきた音楽のほか、星野源の音楽活動に関わる10人のアーティストたちが選盤した「星野源にレコメンドする3枚」をまとめた、永久保存版の極私的ディスクガイドとなっている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい