片寄涼太、ソロ名義初となる「Possible」配信開始 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

片寄涼太、ソロ名義初となる「Possible」配信開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
片寄涼太、ソロ名義初となる「Possible」配信開始

片寄涼太、ソロ名義初となる「Possible」配信開始


 片寄涼太が、ソロ名義で初となる楽曲「Possible」の配信を開始した。

 2019年に初の5大ドームツアーを大成功に収め、大晦日に放送された第70回NHK紅白歌合戦にも初出場したGENERATIONS。「Possible」は日本テレビドラマ『貴族誕生 -PRINCE OF LEGEND-』の主題歌で、3月13日公開の映画『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』の主題歌にも決定している。

 サウンドプロデュースを手掛けたのは前回のPRINCE OF LEGENDシリーズでも主題歌/挿入歌を提供したm-floの☆Taku Takahashiで、気鋭のシンガーソングライター向井太一が歌詞とトップラインを制作。GENERATIONSのレパートリーとは違った大人で妖艶な雰囲気が漂う、片寄涼太の新たな魅力が盛り込まれた楽曲となっている。


◎配信情報
「Possible」
2020/1/7 RELEASE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい