『12月11日はなんの日?』インドの至宝、ラヴィ・シャンカールの命日 没後7年 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『12月11日はなんの日?』インドの至宝、ラヴィ・シャンカールの命日 没後7年

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『12月11日はなんの日?』インドの至宝、ラヴィ・シャンカールの命日 没後7年

『12月11日はなんの日?』インドの至宝、ラヴィ・シャンカールの命日 没後7年


 12月11日はインド音楽の伝説、ラヴィ・シャンカールの命日。

 2012年12月11日に92歳でこの世を去ったインドのシタール奏者、ラヴィ・シャンカール。インド政府の派遣のもと、1950年代から世界中でシタールの演奏を行い、60年代には【モントレー・ポップ・フェスティバル】や【ウッドストック・フェスティバル】にも参加したシャンカールは、当時のシーンを牽引するロック・ミュージシャンたちに多大なる影響を与えた。往年の音楽ファンの間では、ビートルズの「ノルウェーの森」でロックに初めてシタールを導入したとされるジョージ・ハリスンの師匠としても知られており、ジョージはラヴィとの出会いをきっかけに、チャリティー・コンサート【コンサート・フォー・バングラディシュ】を開催したり、コラボレーション作品を発表したりとビートルズ解散後の音楽活動を支える存在となった。

 また、ラヴィには現在の音楽シーンで活躍する2人の娘がいることも有名だ。1人はラヴィの“継承者”と言われているシタール奏者のアヌーシュカ・シャンカール。そして、もう1人はジャズというジャンルにとらわれず活躍を続けるノラ・ジョーンズ。2人は異母兄弟となるが、ともに日本でも高い人気を誇るアーティストであり、これまでに音楽を通じて何度もコラボレーションを果たしている。また、2013年にラヴィが【グラミー賞生涯功労賞】を受賞した際には、父に代わり2人がセレモニーに参加している。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい