BABYMETAL、最新アルバム『METAL GALAXY』が全米アルバム・チャート初登場13位に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

BABYMETAL、最新アルバム『METAL GALAXY』が全米アルバム・チャート初登場13位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
BABYMETAL、最新アルバム『METAL GALAXY』が全米アルバム・チャート初登場13位に

BABYMETAL、最新アルバム『METAL GALAXY』が全米アルバム・チャート初登場13位に


 BABYMETALが10月11日にリリースしたニュー・アルバム『METAL GALAXY』が、米ビルボードのアルバム・チャート“Billboard 200”で13位に初登場した。

 『METAL GALAXY』は、BABYMETALの約3年半ぶり、通算3作目となるアルバム。B'zのギタリストであるTak Matsumotoのほか、サバトンのヨアキム・ブロデーン、ポリフィアのティム・ヘンソンとスコット・ルペイジ、アーチ・エネミーのアリッサ・ホワイト=グラズ、そしてタイのヒップホップ・シンガー、エフ・ヒーローといったゲスト・アーティストが多数参加している。

 『METAL GALAXY』の初動ユニット数は28,000となり、そのうちの27,000がアルバム売上枚数だった。ちなみに、前作『METAL RESISTANCE』は39位に初登場しており、これが今までの自己最高位だったので、今作で大きく記録を更新した形となる。

 なお、近年の日本人アーティストによる全米アルバム・チャートの好記録としては、88rising所属の大阪出身シンガー、Jojiのデビュー・アルバム『バラーズ1』が獲得した3位が挙げられる。こちらは初動ユニット数が57,000で、そのうちの34,000がアルバム売上枚数となり、やはりセールスが高い割合を占めた。

 また『METAL GALAXY』は、“Rock Album Sales”や“Hard Rock Album Sales”では1位、“Top Album Sales”でも2位をマークするなど、各カテゴリ・チャートでも高記録を残し、アーティスト・ランキングである“Artist 100”では今回14位をマークした。さらに、英国のオフィシャル・チャート・カンパニーによるアルバム・チャートでは19位に初登場。ビルボードジャパンの総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、Official髭男dism、スピッツに次いで3位を記録している。

 BABYMETALは新作の発売日である10月11日、アメリカでは初となるアリーナ公演【BABYMETAL METAL GALAXY WORLD TOUR LIVE AT THE FORUM】をロサンゼルス・MSG Live and the Forumにて開催した。日本では11月16日と17日にさいたまスーパーアリーナ、20日と21日に大阪城ホールで、ブリング・ミー・ザ・ホライズンをゲストに迎えたショーを行う予定となっている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい