【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」5.1万DLで3週目の首位 RADWIMPSは2位位死守 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」5.1万DLで3週目の首位 RADWIMPSは2位位死守

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」5.1万DLで3週目の首位 RADWIMPSは2位位死守

【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」5.1万DLで3週目の首位 RADWIMPSは2位位死守


 2019年9月9日付(集計期間:2019年8月26日~9月1日)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”は、米津玄師の「馬と鹿」が51,427DL(ダウンロード)を獲得し、3週連続首位となった。

 前週から1.3万DLほどセールスが落ちたものの、依然と2位に倍以上の差をつけて首位を独走している「馬と鹿」。他指標においては、エアプレイ11位、Twitter25位を記録し、総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”では前週から1ランクダウンとなる5位につけた。今週、同曲のMVが公開され、9月11日にリリースされるフィジカル盤のプロモーションも過熱する中、次週も“Download Songs”首位をキープする可能性が極めて高そうだ。

 今週2,000DLほどダウンとなったRADWIMPSの「愛にできることはまだあるかい」は、3週目の2位となった。同じく2,000DLほど減となった「グランドエスケープ feat. 三浦透子」は4位→7位に下落している。

 17,389DLを売り上げて5位に初登場したのは、人気TVアニメ『鬼滅の刃』第19話の挿入歌「竈門炭治郎のうた」。楽曲が起用されたシーンが話題になりTwitter49位につけたが、配信開始が8月30日と集計週の後半だったため“JAPAN HOT 100”では29位に初登場となった。

 続く5位には、先行配信された乃木坂46の24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」が16,483DLを獲得して初登場した。本日4日にはフィジカル盤が発売され、同日『スッキリ』でTV初パフォーマンスも行われたため、次週のチャート・アクションにも期待したい。今週“Download Songs”TOP10に初登場したのは、この2曲のみとなった。


◎【Download Songs】トップ10
1位「馬と鹿」米津玄師(51,427ダウンロード)
2位「愛にできることはまだあるかい」RADWIMPS(19,275ダウンロード)
3位「Pretender」Official髭男dism(18,424ダウンロード)
4位「宿命」Official髭男dism(17,959ダウンロード)
5位「竈門炭治郎のうた」椎名豪 featuring 中川奈美(17,389ダウンロード)
6位「夜明けまで強がらなくてもいい」乃木坂46(16,483ダウンロード)
7位「グランドエスケープ feat. 三浦透子」RADWIMPS(14,818ダウンロード)
8位「お願いマッスル」紗倉ひびき(ファイルーズあい),街雄鳴造(石川界人)(14,085ダウンロード)
9位「パプリカ」Foorin(13,887ダウンロード)
10位「us」milet(12,767ダウンロード)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい