竹内まりや、新AL『Turntable』発売記念で39年ぶりとなるライブハウス・イベントが決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

竹内まりや、新AL『Turntable』発売記念で39年ぶりとなるライブハウス・イベントが決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
竹内まりや、新AL『Turntable』発売記念で39年ぶりとなるライブハウス・イベントが決定

竹内まりや、新AL『Turntable』発売記念で39年ぶりとなるライブハウス・イベントが決定


 竹内まりやが、2020年4月に東京と大阪で招待制ライブイベント【LIVE Turntable】を開催することが決定した。

 9月4日に約5年ぶり、通算18作目となる40周年記念アルバム『Turntable』を発売する竹内まりや。本イベントは、Zepp TokyoとZepp Nambaで開催される。竹内のライブといえば、2018年11月にNHK大阪ホールと、品川プリンス・ステラボールにて実施されたファンミーティングでのミニ・ライブ以来。そのミニ・ライブすら、約4年ぶり、過去36年間で3公演しか行われていない中でのレアなものだったが、今回はホールではなくライブハウスでの公演となる。ライブハウス公演は、竹内にとって1981年以来、実に39年ぶりとのことだ。

 バンドマスターを務めるのは、山下達郎。そして、メンバーは普段から山下達郎のライブを支える、伊藤広規(ベース)、佐橋佳幸 (ギター)、難波弘之(キーボード)、柴田俊文(キーボード)、小笠原拓海(ドラム)、宮里陽太(サックス)、ハルナ(コーラス)、ENA(コーラス)、三谷泰弘(コーラス)らがフルメンバーで参加する。

 本ライブイベントは、アルバム『Turntable』に封入されている応募券によって応募が可能となる。



◎イベント概要【ライブハウスでまりやに会おう!!「LIVE Turntable」】
2020年4月18日(土) 東京・Zepp Tokyo
2020年4月24日(金) 大阪・Zepp Namba 
※竹内まりや40周年記念アルバム『Turntable』に封入されている応募券を10月9日発売のニューシングル「旅のつづき」に封入されているハガキに貼付の上、応募。抽選でライブイベントに招待される。

◎リリース情報『Turntable』
2019/9/4 RELEASE
WPCL-13077~13079  4,000円(tax out)

◎『旅のつづき』
2019/10/9 RELEASE
<初回限定盤>WPZL-31681/2   1,500円(tax out)
<通常盤>WPCL-13106 1,000円(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい