映画『二ノ国』宮野真守インタビュー マモだから知っている海外ファンの熱量、そして梶裕貴の魅力 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

映画『二ノ国』宮野真守インタビュー マモだから知っている海外ファンの熱量、そして梶裕貴の魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
映画『二ノ国』宮野真守インタビュー マモだから知っている海外ファンの熱量、そして梶裕貴の魅力

映画『二ノ国』宮野真守インタビュー マモだから知っている海外ファンの熱量、そして梶裕貴の魅力


 人気ゲームの『レイトン』シリーズで知られるレベルファイブが制作・企画、スタジオジブリがアニメーション作画、そして久石譲が音楽を手掛けた同名ゲームを、世界観はそのままに、映画版のために構想されたオリジナルストーリーで描かれた映画『二ノ国』が2019年8月23日より公開した。現実の世界<一ノ国>と、命が繋がっているもう一人の自分が存在する<二ノ国>を行き来するユウとハルが、幼馴染みのコトナと二ノ国の姫アーシャの命を巡って究極の選択を迫られるこのストーリーは、原作ファンだけでなく、映画好きも十分楽しめる。
宮野真守 その他画像

 今回、声優活動に加え、音楽活動やバラエティ番組の出演など、活躍の場を増やしている宮野真守にインタビュー。宮野はアーシャが暮らすエスタバニア王国の魔法宰相ヨキを演じている。ゲーム時代から『二ノ国』を知っていた宮野は本作の世界観の魅力について「本当にこんな世界があるんじゃないかと思わせてくれるような、そういうファンタジーの作り方が非常に素敵だと思ったし、(ゲームのプレイヤーが)魔法を使えたらなって夢を抱いたと思うんです。本作には、そのファンタジーの要素はそのままに、<命を選べ。>というキャッチコピーのように、シリアスなやり取りや真に迫る表現があって、だからこそ感じられる命の輝きもあります。そういったところが僕は素敵だと思うし、皆さんにも映画を観た後にそう感じてもらえたら嬉しいです。」と話す。

 そのキャッチコピーにもあるように、本作でユウとハルはコトナとアーシャのどちらの命を取るかで激しく衝突。生死に係わるこの選択は、観るもの全員に問いかけるものがある。その点について宮野も「誰もが日常生活で悩んだり、大切な瞬間を選んだりする時はあります。本作は命にフォーカスして描かれていますが、真っすぐで、大事なものとは何なのかという問いに向き合う主人公たちにたくさん刺激を受けると思います。」と自身の考えを述べた。

 ユウとハルの声を山崎賢人と新田真剣佑、コトナとアーシャの2役を永野芽郁と、メインキャストに今をときめく旬な俳優陣が揃った。さらに宮野に加え、梶裕貴や津田健次郎、坂本真綾、山寺宏一といった人気と実力を備えた声優も参加しており、公開前からその豪華なキャスト陣に注目が集まっている。「いろんな分野から集まっている人たちが一つの作品に携わることによる化学変化が非常に大きいと思う。この『二ノ国』でしかできない表現の仕方、そして真っすぐな3人と、僕らが声優の世界で培ってきたものが遺憾なく発揮されている。」と、宮野はその完成度に自信を見せる。その中でも、他のキャストには負けない自身の推しポイントはどこかと尋ねると「謎めいたキャラクターを僕が本気で演じているところですかね(笑)。手を抜いたつもりは一切ないし、全力を注ぎました。」と、ヨキを演じる上での取り組み方を挙げた。宮野はキャラクター設定について製作チームと何度もディスカッションを重ねたと言い、その話し合いが功を奏して、宮野の役に対する本気度は、きちんと作品にも反映されたという。

 レコーディングは、すでに収録されている他キャストの声を聞きながら、基本、一人で行われた。(宮野曰く「ちっこくて食べたくなっちゃうような」)ダンパの声を演じた梶について話を振ると、顔をほころばせて「『ああ、梶君だ~』って、言葉に出来ないほどの安心感がありました(笑)。」と、微笑ましい感想が返ってきた。梶の声を「エンジェルボイス」と評する宮野は、「梶君のお芝居の幅の広さもありますが、一緒に切磋琢磨してこの業界で頑張って、いろいろチャレンジしている梶君の安定の声を聴くと、安心感があります。いやぁ、可愛かったですね!」と、その演技力と美声をべた褒めした。

 宮野と梶の仲の良さは、ファンの間では有名な話。トップ声優同士、お互いの作品の話をするのだろうか。「同じ作品に参加したときに、例えばシリーズものだったら、収録からオンエアまで時差があるので、オンエアを観て、改めてよかったところを言います。ちょうど先日、そんなことを津田(健次郎)さんとしましたね。今回共演した声優の方々はいつも良くしてもらっている大好きな方々ばかり。お互いのことを気にしているし、信頼できる人、大好きな人だからこそ、よく話します」と、今回の共演者たちが、宮野が心を許す仲間であることを教えてくれた。

 このインタビューは7月中旬に行われたのだが、その数日前、宮野は米ロサンゼルスで開催された【Anime Expo 2019】に登壇していた。日本が誇る文化のひとつであるアニメを海外のファンはどんな風に受け止めているだろうか。海外のアニメ関連イベントに登壇することが多い宮野だからこそ感じる、日本のアニメに対する海外ファンの熱量を訊いてみると「日本のアニメーションがこんなにも世界から求められているんだと、まざまざと感じさせられるし、僕らが全力で臨んだものが、こんなにも受け入れてもらっていることを目の当たりにして非常に感動しました。(【Anime Expo 2019】には)トークショーに出たんですが、ロックコンサートなのかと思うくらいの盛り上がりで、登場しただけでスターをお出迎えしているかのような歓声があがって、日本のアニメはすごいんだと肌で感じました。だからこそ、もっとたくさんの方に満足してもらえるような作品を作って、もっと世界に広がっていけばいいなと強く思いました。『二ノ国』もきっと海外の方にも楽しんでもらえると思うし、多くの人に観てもらいたいですね。」と目を輝かせた。『二ノ国』も近く、海外の映画館で公開される日が来ることを願いたい。

※「山崎賢人」の「崎」の正式表記は「たつさき」

Text by Mariko Ikitake
Photos by Yuma Totsuka

◎公開情報
『二ノ国』
2019年8月23日(金)より、全国ロードショー
監督:百瀬義行
製作総指揮/原案・脚本:日野晃博
音楽:久石譲
キャスト:山崎賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、坂本真綾、梶裕貴、津田健次郎、山寺宏一、伊武雅刀、ムロツヨシほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 映画「二ノ国」製作委員会


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい