【先ヨミ・デジタル】RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」がDLソング首位キープ、Official髭男dismが上昇 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ・デジタル】RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」がDLソング首位キープ、Official髭男dismが上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ・デジタル】RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」がDLソング首位キープ、Official髭男dismが上昇

【先ヨミ・デジタル】RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」がDLソング首位キープ、Official髭男dismが上昇


 GfK Japanによるダウンロード売上レポートから、2019年8月5日~8月7日の集計が明らかとなり、RADWIMPSの「愛にできることはまだあるかい」が12,648ダウンロード(DL)を売り上げて現在首位をキープしている。

 映画『天気の子』の主題歌「愛にできることはまだあるかい」は、Billboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”で3週連続1位に輝いており、今週前半でも勢いそのままに、12,648DLを売り上げている。RADWIMPSはこの曲と、9,070DLで現在3位に入っている「グランドエスケープ feat. 三浦透子」を『ミュージックステーション』で『天気の子』特別映像とともに生披露することが決まっており、放送後、その反響がダウンロードにも反映されそうだ。

 2位は、『アイドルマスター シンデレラガールズ』より、8月5日に配信された一ノ瀬志希 (CV: 藍原ことみ)、二宮飛鳥 (CV: 青木志貴)の「バベル(M@STER VERSION)」で、3日間で9,524DLを売り上げている。

 Official髭男dism は、4位の「Pretender」と6位の「宿命」が、前週前半で売り上げたDL数を超えるDL数を今週前半で売り上げており、この売上上昇は、楽曲の人気の高さに加え、夏の甲子園(「宿命」は『熱闘甲子園』テーマソングに起用されている)、先週末の【ROCK IN JAPAN FESTIVAL2019】出演、そしてメディア出演といった様々な露出が重なった相乗効果によるものだと言えるだろう。

 現在のトップ10内には他に、東京スカパラダイスオーケストラとMr.Childrenの桜井和寿のコラボ曲「リボン feat. 桜井和寿(Mr.Children)」が、5,552DLで現在7位、Aimerの8月14日発売の最新シングルより、8月5日に先行配信された「Torches」が5,341DLで現在9位に入っている。


◎Billboard JAPANダウンロード・ソング集計速報
(2019年8月5日~8月7日の集計)
1位「愛にできることはまだあるかい」RADWIMPS
2位「バベル(M@STER VERSION)」一ノ瀬志希 (CV: 藍原ことみ)、二宮飛鳥 (CV: 青木志貴)
3位「グランドエスケープ feat. 三浦透子」RADWIMPS
4位「Pretender」Official髭男dism
5位「SCARLET feat. Afrojack」三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
6位「宿命」Official髭男dism
7位「リボン feat. 桜井和寿(Mr.Children)」東京スカパラダイスオーケストラ
8位「大丈夫」RADWIMPS
9位「Torches」Aimer
10位「us」milet


※Billboard JAPANの週間ダウンロード・チャートはGfK Japanと米国ニールセンのデータをもとに生成していますが、先ヨミ時点の集計はGfK Japanのデータによる推定値となります。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい