ドレイク、“アルバム・モード”と題されたバカンス写真をインスタに連投

Billboard JAPAN

 「俺がアルバム・モードの時にイラつかせんじゃねーよ」と「Duppy Freestyle」でプシャ・Tに言い放っていたドレイクが、“アルバム・モード”と題された写真を数枚インスタグラムに投稿し、次回作への期待を煽っている。

 ドレイクの最近の行動をフォトグラファーのJamil GSが捉えた写真では、タークス・カイコス諸島でゴルフをしたり、バーやテニス・コートでスプリッツァーを楽しんだり、ビーチやプールで泳いだりと、チームと存分にバカンスを満喫している様子がうかがえる。また、巨大なビヨンセの肖像画が飾ってある地元トロントのオフィスで電話しているショットや、トロント・ラプターズのトレーニング施設前でポーズをとっている写真も公開されている。

 『スコーピオン』リリース後の2019年前半は、音楽面で目立った動きがなかったドレイクだが、グローバル・アンバサダーを務めているラプターズの初優勝を記念し新曲「Omerta」と「Money in the Grave feat. リック・ロス」を『The Best in the World Pack』として6月14日にリリースしており、バカンスで英気を養ったことでそろそろアルバム制作に本腰を入れる意欲が高まっているのかもしれない。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック