岡田准一主演『ザ・ファブル』にポルノ岡野、オーラル山中ら賛辞&大川ぶくぶのイラストも 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岡田准一主演『ザ・ファブル』にポルノ岡野、オーラル山中ら賛辞&大川ぶくぶのイラストも

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
岡田准一主演『ザ・ファブル』にポルノ岡野、オーラル山中ら賛辞&大川ぶくぶのイラストも

岡田准一主演『ザ・ファブル』にポルノ岡野、オーラル山中ら賛辞&大川ぶくぶのイラストも


 岡田准一主演映画映画『ザ・ファブル』に寄せられた著名人のコメントと、特別ウェブ番組『ファブル大好き芸人』がYouTubeで公開された(映画『ザ・ファブル』特別WEB番組:ファブル大好き芸人)。

 6月21日から全国公開される同作は、南勝久の同名漫画を実写化する作品。「1年間一般人として普通に暮らすこと」を命じられた“ファブル”と呼ばれる謎の殺し屋と、彼を取り巻く人々の姿を描く。佐藤アキラという偽名を使い、一般人になりすますファブル役を岡田准一、ファブルの相棒のヨウコ役を木村文乃が演じる。監督は江口カン。

 映画のオフィシャルサイトでは、岡野昭仁(ポルノグラフィティ)、武井壮、叶美香、山中拓也(THE ORAL CIGARETTES)らのコメントが公開。岡野昭仁は「原作の大ファンですのでとても楽しみでしたが期待以上でした。狂気。狂気を帯びているんですよ」、武井壮は「コイツはヤバい!誰でも倒せる戦闘能力を持ち、何故か愛される最強の男。オレの求める理想形がこの男、ファブルだ!」と評した。

 叶美香は「原作漫画も好きなのですが、映画ならではのスピード感溢れるアクションと個性豊かな悪役の皆さんのパンチの利いた演技が楽しめました」、山中拓也は「シリアスとコミカルが巧みに混ぜられた、あっという間の2時間でした。特に岡田准一さんの演技が素晴らしかった。あそこまで人間のON/OFFの空気感を完璧に演じ切り、さらにとんでもないアクションもやってのける凄みを感じました」と語っている。

 『ファブル大好き芸人』には、村上純(しずる)、劇中で貝沼役を演じた好井まさお(井下好井)、ムーディ勝山、吉川きっちょむ(ゲオルギー)が登場。原作への愛や、映画の魅力を約30分にわたって語り合っている。

 さらに、『ポプテピピック』などで知られる大川ぶくぶによるコラボレーションイラストが公開。ファブルや映画に登場する芸人ジャッカル富岡の姿などが描かれているほか、「感激や── これは原作ファンも楽しめるで──」とコメントを寄せている。

◎映画情報
『ザ・ファブル』
2019/6/21(金)から全国公開
監督:江口カン
脚本:渡辺雄介
原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社)
主題歌:レディー・ガガ「ボーン・ディス・ウェイ」
出演:
岡田准一
木村文乃
山本美月
福士蒼汰
柳楽優弥
向井理
佐藤二朗
安田顕
佐藤浩市
配給:松竹

(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい