NONA REEVES西寺郷太の特別講座が7月スタート、『マイケル・ジャクソンと現代社会』 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

NONA REEVES西寺郷太の特別講座が7月スタート、『マイケル・ジャクソンと現代社会』

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
NONA REEVES西寺郷太の特別講座が7月スタート、『マイケル・ジャクソンと現代社会』

NONA REEVES西寺郷太の特別講座が7月スタート、『マイケル・ジャクソンと現代社会』


 西寺郷太(NONA REEVES)が、早稲田大学エクステンションセンター早稲田校で7月に講座を開講することがわかった。

 今回の講座は『マイケル・ジャクソンと現代社会(モダン・ソサエティ)』と題し、7月10日から7月31日まで全4回を実施。マイケル・ジャクソンがいかに90年代以降メディアによって印象操作されたのか等を実際の資料や証言を基に検証し、ゲスト講師として弁護士の高木良平を招く。エクステンションセンター会員の先行受付は5月15日、一般申し込みは6月11日からスタート。

 詳細は講座のオフィシャルサイトで確認しよう。

◎講座概要
「マイケル・ジャクソンと現代社会(モダン・ソサエティ)」
講師:西寺 郷太(音楽プロデューサー、作詞家・作曲家、文筆家)
曜日:水曜日
時間:19:00~20:30
日程:全4回 ・7月10日 ~ 7月31日 (日程詳細)7/10, 7/17, 7/24, 7/31
コード:120426
定員:30名
単位数:1
会員価格受講料:15,664円(tax in.)
ビジター価格受講料:17,413円(tax in.)

[目標]
マイケル・ジャクソンを襲った「少年性的虐待」疑惑(1993年の民事訴訟、2000年代の刑事訴訟、2019年の「ドキュメンタリー」)。資料や証言から真相に迫ることで、情報が乱れ飛ぶ現代社会が抱える矛盾を浮かび上がらせる。

[講義概要]
忘れられがちだが、モーツァルトは18世紀最新の「流行音楽家」であった。同じく、20世紀を象徴するエンターティナー、音楽家であるマイケル・ジャクソンも、あと100年も経てば「クラシック」となる。
今回、マイケルが、いかに90年代以降メディアによって印象操作されたのか、マイケル自身に問題はなかったのかを検証。全4回ともにゲスト講師に弁護士・高木良平氏を迎え、質疑応答の場も用意する。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい