『3月29日はなんの日?』英国音楽の殿堂、ロイヤル・アルバート・ホールの開業記念日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『3月29日はなんの日?』英国音楽の殿堂、ロイヤル・アルバート・ホールの開業記念日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『3月29日はなんの日?』英国音楽の殿堂、ロイヤル・アルバート・ホールの開業記念日

『3月29日はなんの日?』英国音楽の殿堂、ロイヤル・アルバート・ホールの開業記念日


 3月29日はイギリス・ロンドンの由緒正しき演劇場のひとつとして世界的に知られている、ロイヤル・アルバート・ホールの開業記念日。

 1871年の開業以来、演劇やクラシックはもちろん、ロックやポップスなど幅広いエンターテイメント鑑賞の場として、ロンドンの人々に愛されてきたロイヤル・アルバート・ホール。同ホールはヴィクトリア女王が最愛の夫・アルバート公に捧げた演劇場で、今日までクラシックからポップスまで数多くの公演がおこなわれてきた。ビートルズ、ローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリン、ザ・フー、クリームなど、イギリスの音楽史を築きあげてきたミュージシャンはもちろん、アデル、コールドプレイなど、現シーンのトップアーティストが同ホールのステージで熱狂パフォーマンスを繰り広げており、これまでに行われた多数のコンサートがCDやDVDなどパッケージ化されている。

 2019年の開業記念日となる3月29日は、チャリティー・コンサート【Teenage Cancer Trust】の一環としてマンチェスター出身のロック・バンド、ダヴズの10年ぶりとなる復活ライブが行われる予定。また、今後はライアン・アダムス、ジョー・ボナマッサ、エリック・クラプトン、マライア・キャリーなどの公演が控えている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい