SPECIAL OTHERS、ツアー・ファイナルレポート到着 7月にはビルボードライブ含む全国5か所ツアーも

Billboard JAPAN

 SPECIAL OTHERS(以下、スペアザ)が3月17日、ホールツアー【SPECIAL OTHERS HALL TOUR2019 QUTIMA Ver.25 (THE HALL)】のファイナルとなる神奈川県民ホール公演を開催した。
その他ライブ画像

 開演時間となり4人がステージに登場。程よい緊張感の中、自然と始まったセッションが会場内に心地よく響き渡ると、1曲目の「twilight」からライブがスタートした。続いて「Comboy」を披露し、「Tomorrow」で柳下(Gt)の疾走感のあるギターメロディーが会場内に響き渡ると、「Aului」「beautiful world」など楽曲を次々と披露。会場全体がスペアザの音楽に酔いしれる中、ライブは後半戦へ突入した。宮原(Ds)、芹澤(Key)柳下の歌声が絶妙なグルーヴを生み出す「Good morning」、さらに「PB」と続くと、盛り上がりは最高潮に。観客は心地よく身体を揺らしたり、立ち上がって楽しんだりと、ホール会場ならではのセットリストに、それぞれのペースで自由に楽しんでいた。

 「どーも、SPECIAL OTHERSです。この度はツアーファイナル、神奈川県民ホールにお越し頂きありがとうございます!」と感謝の気持ちを伝えると、ライブ会場限定で販売されていた新曲「Puzzle」を披露。アップテンポでキャッチーなスペアザらしい新曲で観客を沸かせ、大きな歓声とともに本編は終了した。

 鳴り止まぬアンコールに応え、再びステージに登場したメンバー。7月から開催されるJAZZ箱ツアーを発表し、本ツアーを振り返りながら「今日はお集まり頂きありがとうございました!幸せでした。これからも応援よろしくお願いします!」と観客に感謝を述べ、最後に「Uncle John」で本ツアーを締めくくった。

 ツアーファイナルで発表された次回のツアータイトルは【SPECIAL OTHERS QUTIMA Ver.26 JAZZ箱Tour2019】。7月12日のビルボードライブ大阪を皮切りに名古屋ブルーノート、ビルボードライブ東京など計5か所で開催。チケット一般発売に先駆けてモバイル会員サイト“SPE App”では、3月19日より先行受付がスタートする。



◎ツアー情報【SPECIAL OTHERS QUTIMA Ver.26 JAZZ箱Tour2019】
2019年7月12日(金)ビルボードライブ大阪
2019年7月13日(土)名古屋ブルーノート
2019年7月15日(月祝)福岡Gate’s7
2019年7月18日(木)ビルボードライブ東京
2019年7月19日(金)ビルボードライブ東京
2019年7月21日(日)モーション・ブルー・ヨコハマ

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック