日本語が英語に、英語が日本語に… MONKEY MAJIKと岡崎体育による1曲で2度楽しめるトリックソングが完成 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本語が英語に、英語が日本語に… MONKEY MAJIKと岡崎体育による1曲で2度楽しめるトリックソングが完成

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

日本語が英語に、英語が日本語に… MONKEY MAJIKと岡崎体育による1曲で2度楽しめるトリックソングが完成

日本語が英語に、英語が日本語に… MONKEY MAJIKと岡崎体育による1曲で2度楽しめるトリックソングが完成


 MONKEY MAJIKと岡崎体育のコラボレーション曲「留学生」のミュージックビデオが公開された。

 ミュージックビデオは、アメリカの学生街を舞台に、MONKEY MAJIKはダンスパーティーに呼ばれた外注バンド、岡崎は歌詞の世界の通り日本から留学してきた学生という設定だ。最初は内気で人前で恥ずかしくて、うまく溶け込めずにいる留学生の岡崎だが、最後はダンスパーティーに参加して人前でキレキレのダンスを披露し、会場にいる皆を魅了するヒーローに。ダンスも考案したという岡崎は「最高のパーティーにしますよ、今日。任せてください」という言葉通り、キレキレなパフォーマンスの合間に歌詞にちなんだフリも見せ、現場は撮影のたびに歓声が湧いた。

 このコラボレーションは、MONKEY MAJIKのメイナード(Vo&G)が岡崎体育のファンだったことから始まる。NHK連続ドラマ小説『まんぷく』で共演を機に、ちょっとシャイで実直な普段の素顔を見てますます惹かれ、撮影後にコラボをアプローチ。双方のライブに足を運びながら一緒にコンセプトを固め今回の楽曲の完成に至ったという。本曲はMONKEY MAJIKが2019年3月6日にリリースするコラボレーションアルバム『COLLABORATED』に収録される。

 「岡崎さんとコラボをするなら、“日本語に聞こえる英語、英語に聞こえる日本語”をテーマにしたい」と考えたところからスタートし、どんな歌詞が空耳っぽく聞こえるか、まずサビのワードを考える中で、「You gotta stay」というフレーズが「留学生」に聞こえると至り、そこから全体の歌詞をつめていったという。80’sテイストのダンサブルなサウンドにのせて、MONKEY MAJIKが歌う英詞はベタなラブソングを、岡崎が歌う日本詞は海外での留学生活ネタをベースに2つのパラレルワールドを表現。メイナードは「日本語を聞いても、英語を聞いても2つの世界が楽しめるトリックソングに仕上がりました! 何度も繰り返し聞いてください」と話している。

◎リリース情報
アルバム『COLLABORATED』
2019/3/6 RELEASE
<CD + DVD>
AVCH-78113/B 4,860円
<CD + Blu-ray>
AVCH-78114/B 4,860円
<CDのみ>
AVCH-78115 3,240円


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい