Thinking Dogs、戌年最後の“ワン”マンライブ「皆さんを笑顔にしたい」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Thinking Dogs、戌年最後の“ワン”マンライブ「皆さんを笑顔にしたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
Thinking Dogs、戌年最後の“ワン”マンライブ「皆さんを笑顔にしたい」

Thinking Dogs、戌年最後の“ワン”マンライブ「皆さんを笑顔にしたい」


 Thinking Dogsが、戌年となる2018年最後の“ワン”マンライブを、2018年12月19日に東京・表参道GROUNDにて開催した。

 オープニング映像で「ラスト“ワン”! 吠える準備は出来ていますか??」と煽り、ライブ恒例のコールをお客さんが大声で叫ぶ中、メンバーが登場。その温度感のまま、「もどかしいディスタンス」「あと100マイル」「3 times」とアッパーな楽曲を立て続けに演奏。 TSUBASAから「全力でライブを作って行きましょう!」というMCの後は、お客さんとの合唱で「疾走マイロード」が、タオル回しで「Are you ready?」「世界は終わらない」がパフォーマンスされ、会場が一体感に包まれる。

 Junの「宴もたけなわではございますが、残り14曲となりました」という気の抜けるMCで一度ブレイクを挟んだ後は、TSUBASAがアコギを持ち、聴かせる楽曲ゾーンへ突入。「愛は奇跡じゃない」「悲しみ以上」「春翔ける人」をパフォーマンスした。

 そして、このライブの中盤にハイライトが訪れる。ベースのわちゅ~がピアノへ移動。 TSUBASAとわちゅ~の二人でピアノとボーカルだけでの「もしもあなたが...」を初披露。歌とピアノのダイナミクスの一体感は、長年一緒にやってきた絆を感じさせるような圧巻のパフォーマンスだった。

 感動に包まれ、客席から鼻をすする音がする中、TSUBASAがMCで「出会い」について語る。「2018年には沢山の出会いがあったのですが、中でも映画『あの頃、君を追いかけた』を通じて、山田裕貴さんとの出会いがメンバー4人にとても大きな影響を与えてくれました。 上手く歌わなきゃ、じゃなくて、素直に今の気持ちを出して歌えばいいんだと、気づかせてくれました」。新しいThinking Dogsの魅力が詰まった最新シングル「言えなかったこと」はこの3か月、何度も何度も演奏してきた楽曲。バンドの一体感が過去最高の出来だったと言える。

 ライブ恒例となった、ドラム大輝、ベースわちゅ~、ギターJunの3人でのインスト曲からアッパーゾーンに戻り、6曲を演奏。 そしてTSUBASAが今年一番伝えたかった思いを口にする。「音楽を始めた頃は、自分が気持ち良く歌えていれば良かった。けど、今は違う。皆さんに届けたいことが沢山ある。もっともっとライブに来てくれる皆さんを笑顔にしたい。そういう考えに変えてくれたのは皆さんの一つ一つの声です」と、TSUBASAが初めて作詞をした楽曲「君の声が」を熱唱。本編は幕を閉じた。

 アンコールに入り、サンタクロースの衣装を着たメンバーがプレゼントとしてフ゜リクラを貼ったカラーボールを客席に投げ入れる。こういうポップな一面もThinking Dogsの魅力と言えるかもしれない。そして最後に、4人の夢を書き込んだフラッグをお客さんの前で広下て、来年の目標を宣言。「夢に向かって、来年も一緒に笑顔になって行きましょう」というMCで戌年最後のライブは締めくくられた。



◎セットリスト
【Thinking Dogs~戌年大感謝スペシャル~】
2018年12月19日(水)東京・表参道GROUND
01. もどかしいディスタンス
02. あと100マイル
03. 3 times
04. 疾走マイロード
05. Are you ready?
06. 世界は終わらない
07. 悲しみ以上
08. 愛は奇跡じゃない
09. 春翔ける人
10. もしもあなたが...
11. 言えなかったこと
12. インスト曲
13. ユメハグ
14. ユメラブ
15. ハートビート
16. ごめんね、キャサリン
17. STAND UP
18. 君の声が
EC
01. Oneway Generation
02. そんな君、こんな僕


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい