エミリー・ブラント主演、ディズニー最新作『メリー・ポピンズ リターンズ』予告編公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

エミリー・ブラント主演、ディズニー最新作『メリー・ポピンズ リターンズ』予告編公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
エミリー・ブラント主演、ディズニー最新作『メリー・ポピンズ リターンズ』予告編公開

エミリー・ブラント主演、ディズニー最新作『メリー・ポピンズ リターンズ』予告編公開


 『美女と野獣』や『シンデレラ』を贈りだしたディズニーによる極上エンターテイメント作品『メリー・ポピンズ リターンズ』が、2019年2月1日に公開される。
『メリー・ポピンズ リターンズ』予告編

 本作は1964年に公開された『メリー・ポピンズ』から20年後を描いており、バンクス家の長男マイケルのもとに、魔法使いのメリー・ポピンズが戻ってくる。メリー・ポピンズは、母親を亡くし悲しみと不安を抱えるマイケルの3人の子どもたちへ「消えてなくなるものなんてひとつもない」と、カラフルで美しい魔法を歌いかける。日常をカラフルに変えていく彼女の魔法により、悲しみから抜け出せずにいるバンクス家は“人生を楽しむこと”、そして、“人生には不可能な事など無いこと”に気づいていく。子供たちと同じ目線に立ち、厳しくも優しく包み込むメリー・ポピンズの魔法は、観る者の日常をハッピーにしてくれることだろう。

 パーフェクトでエレガントなメリー・ポピンズを演じるのは、『クワイエット・プレイス』(2018)が記憶に新しいエミリー・ブラント。ベン・ウィショー、メリル・ストリープ、コリン・ファース、リン=マニュエル・ミランダ、前作でバート役を演じたディック=ヴァン・ダイクらハリウッドスターが名を連ねる。監督は『シカゴ』(2002)や『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(2011)のロブ・マーシャル。「僕は映画『メリー・ポピンズ』を愛している。あまりにも愛しているので他の人に任せたくなかった」と熱く語る監督のもとに、超一流のキャスト・スタッフが集結した。メリー・ポピンズが教えてくれる“日常の楽しみ方”と、“人生をハッピーにする方法”とは? 心躍る歌とダンス、そしてとびっきりの魔法で観客を夢の世界へ誘う。


◎『メリー・ポピンズ リターンズ』予告編
https://youtu.be/1GnMHHe93P8

◎公開情報
『メリー・ポピンズ リターンズ』
2019年2月1日(金)より、全国ロードショー
監督:ロブ・マーシャル
キャスト:エミリー・ブラント、リン=マニュエル・ミランダ、ベン・ウィショー、コリン・ファース、メリル・ストリープほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2018 Disney Enterprises Inc.


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい