土屋太鳳&北村匠海によるユニットTAOTAK、映画『春待つ僕ら』主題歌を担当

Billboard JAPAN

 2018年12月14日より公開の映画『春待つ僕ら』の主題歌が、土屋太鳳と北村匠海が結成した音楽ユニットTAOTAKの「Anniversary」に決定した。

 亀田誠治がプロデュースを手掛けた「Anniversary」は、2016年に桜井和寿(Mr.Children)とGAKU-MCによるユニット・ウカスカジーが発表した同名曲のカバーだ。「聴いた人を元気にできて、仲間を大切に想うメッセージを伝えたい!」という想いが込められている。主題歌決定に加え、本作に出演する土屋や北村、小関裕太、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友ら主要キャストが出演したミュージックビデオも公開された。ミュージックビデオを手がけたのは土屋や北村と所縁の深い三木孝浩監督。キラキラとした青春の1ページの中で2人が歌に込めた「仲間を大切に想う気持ち」を、随所に感じることのできる映像作品に仕上がっている。


◎土屋太鳳コメント
少しでも皆さんの心に寄り添えるような、一人でも多くの方の心をぎゅっと抱きしめることができるような曲になるように心を込めて歌いました。
映画で共演したみんなとの撮影は、「Anniversary」の「みんな良い人ばかり 愛しい人ばかり」という歌詞に合っているので、すごく気持ちが入りました。

◎北村匠海コメント
「Anniversary」は、すごい前向きで明るい曲なので、歌っていてとても勇気付けられました。

◎「Anniversary」ミュージックビデオ
https://youtu.be/NH6lhwa3m6s

◎公開情報
『春待つ僕ら』
2018年12月14日(金)より、全国公開
監督:平川雄一朗
出演:土屋太鳳、北村匠海、小関裕太、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)あなしん/講談社 (C)2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック