若旦那(湘南乃風)、本名の「新羅慎二」名義で活動をスタート 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

若旦那(湘南乃風)、本名の「新羅慎二」名義で活動をスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
若旦那(湘南乃風)、本名の「新羅慎二」名義で活動をスタート

若旦那(湘南乃風)、本名の「新羅慎二」名義で活動をスタート


 湘南乃風のメンバーであり、ソロアーティスト・役者としての活動も行ってきた若旦那が、本名である 新羅慎二 名義で活動することが発表された。

 グループとしてのメジャーデビューから15年、ソロ活動をスタートしてから7年の月日が流れたいま、音楽での、より自由な自己表現を追求し、若旦那として演じることなく、活動を開始。11月14日には、初のリリース作品、ミニアルバム『夢の向こう側のレジスタンス』がリリースとなる。

 本作のプロデューサーはバンドでも、弾き語りの時にでも「若旦那」としての活動をサイドギターとして支えてくれているPellyColo。彼と新羅の信頼関係が敬意の上に成り立っているからこその、斬新なポップスが産まれた。そして唯一、「愛のないこの街」はバンドにキーボードで参加していたAi Kakihira が担当。弾き語りのデモテープは180 度真逆の印象のアンビエントサウンドへと昇華された。

 ジャケットにはフォトグラファー・新田桂一氏による撮り下ろし写真を使用。新羅が兼ねてから「いつかポートレートを撮ってもらいたいフォトグラファーの一人」として名前を挙げており、偶然にも本作の制作期間中に新田氏と対面し、実現に至った。

 新たな挑戦は名義だけではない。同作はフィジカル形式やダウンロード形式での販売は無く、定額制サブスクリプションサービスのみで視聴できる形式となっている。ランキングや数字といった、既存の音楽ビジネスの仕組みからも自由になりたいという新羅慎二の姿勢を体現する試みだ。

 さらに、2019年4月6日には新羅慎二として、初のワンマンライブの開催が決定しており、新羅自身が「音楽界の父」と称する、さだまさしが友情出演という形で出演する。

◎ライナーノーツ by 湯水愛
夢の向こう側のレジスタンス。これはどういう意味なのだろうか?「夢の向こう側」ということは夢より先にあるどこかということなのか?そして、そこの「レジスタンス」とは?新羅本人曰く、「夢の向こう側」とは夢の世界に足を踏み入れた状態のことだという。想いを馳せていた世界で息を吸っているということだ。そして、レジスタンスとは抵抗運動という意味である。つまり、ある世界や人に憧れて夢の世界に入ったのにも関わらず、その世界や人達の反対勢力になって戦っているということが「夢の向こう側のレジスタンス」の意味である。これはきっと彼の性質ゆえなのだろう。学校も退学を繰り返し、何か枠にはめようとされるとそこに抵抗する。レゲエ用語で言えばレベル・ミュージックである。ジャパレゲという枠組みも彼はいち早く抜けた。そして、今度は「若旦那」としての枠組みからも抜けようとしている。今回のアルバムを聴けばすぐにでも頷ける。若旦那名義でのソロ活動を始めてからずっとやり続けてきたロックサウンドとthe WAKADANNA BANDで取り入れたポストロックやニューウェーブの要素、そして彼自身のポップスの追求がこのアルバムで存分に弾けている。誰の真似でもなく、マーケット度外視、しかし時代をしっかり捉えているのは、彼が常にその時代の街と人を歌い続けているからだろう。本人曰く、「流行りなんてものを追っていたら時代に取り残されてしまう。追うものではなく、時代を感じたり触れてれば良い」らしい。そこには沢山の哀しい物語やキュンとする物語があり、それを時代の音に乗せれば良いと言う。故に、枠に収まることを嫌うのであろう。スキットですら遊びでありながら、れっきとした楽曲なのであろう。このアルバムへの収録曲は彼の膨大なストックから抜粋されたものである。あと何曲ストックがあるかと聞いたら、まだまだ物凄い量の曲が眠っているらしい。誰かに聞いてもらうためではなく、今この時代を自分の足で生きていくために、彼は曲を作るのであろう。このアルバムを聴いていたら最後になんとなく彼のことがわかってきたような気がする。新羅慎二は集合体に反抗しているのではなく、その枠に収まろうとしている自分自身に反抗しているのだと。

◎リリース情報
『夢の向こう側のレジスタンス』
2018/11/14 RELEASE
Apple Music、Spotify、LINE MUSIC 他、主要定額制サブスクリプションサービス限定でのリリースです。フィジカル形式、ダウンロード形式での販売はありません。
<収録曲>
01.流星 【Music Video 有り】
02.Closed my eyes
03.未来
04.Skit1 - Mr. don’t cry
05.雨上がり
06.鳥たちは自由に飛んでるようで飛んでない
07.Skit2 - Flowin’ in the wind
08.Always love you
09.愛のないこの街

試聴用リンク(SoundCloud):https://soundcloud.com/wakadanna83/sets/1117a/s-5BXTA

◎公演情報
【桜が咲く頃に生まれた僕ら】
東京・渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール
2019年12月24日(月・祝)
16:00 開場、17:00 開演
出演:新羅慎二(若旦那) 友情出演:さだまさし

◎出演情報
フラメンコ舞踊劇【Ay 曽根崎心中】
東京・新国立劇場 中劇場
2018年12月12日~20日

【THE ACOUSTIC in Christmas 2018】
東京・MUSICASA
2018年12月24日

INFO:https://waka-d.jp/


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい