渡辺大知が手掛けた映画『ギャングース』主題歌に高杉真宙&加藤諒コーラス参加

Billboard JAPAN

高杉真宙、加藤諒、渡辺大知のトリプル主演による青春エンターテインメント映画『ギャングース』の主題歌を歌うユニットThe Gangooseの「CRYBABY」のミュージックビデオが公開された。

 このユニットが歌う楽曲「CRYBABY」は、タケオ役の渡辺大知による作詞・作曲・プロデュース、メインボーカルによる書き下ろし楽曲で、サイケ役の高杉真宙とカズキ役の加藤諒もコーラスで参加している。青春のもどかしさが浮かんでくるような歌詞、そして疾走感溢れるメロディと熱量溢れるバンドサウンドがこの映画の空気感と絶妙にマッチした楽曲だ。現在、YouTubeで映画本編を使用したミュージックビデオが公開中。The Gangooseに関する続報が後日、発表される予定だ。映画『ギャングース』は2018年11月23日より全国スタート。


◎渡辺大知コメント
完成した映画『ギャングース』を観て、メシを食うとか、家に住むとか、当たり前の事が出来ないときでも、たくましく生きていく主人公たちのキラメキにグッときました。「CRYBABY」は悔しいことがあっても一人で闘えないとき、そばに寄り添ってくれる誰かがいることの温かさを残したくて作った歌です。この曲が映画の世界とリンクして、誰かの心の支えになってくれたら嬉しいです。

◎「CRYBABY」ミュージックビデオ
https://youtu.be/WrzMn-G9t4w


◎公開情報
『ギャングース』(R15+)
2018年11月23日(金)より、全国公開
監督:入江悠
出演:高杉真宙、加藤諒、渡辺大知(黒猫チェルシー)、林遣都、金子ノブアキ、篠田麻里子、MIYAVIほか
製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
(C)2018「ギャングース」FILM PARTNERS(C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック