ジャスティン・ティンバーレイク&ショーン・メンデスが共演

Billboard JAPAN

 現地時間2018年9月21日~22日にかけて米ラスヴェガスで行われた【iHeartRadio Music Festival】の2日目に登場した、ジャスティン・ティンバーレイクが、この日に同フェスに出演していたショーン・メンデスと共演した。
ライブ映像

 ライブの終盤、ジャスティンが「レディース&ジェントルマン、僕はこの若者の大ファンなんだ」と前置きし、「彼はこれまで出会った中で、最もクールな仲間の一人で、とても才能があるんだ」と紹介すると大歓声の中、ショーンがステージに登場。

 2人は、メロウなゴスペル調にアレンジされた、ジャスティンのヒット・ナンバー「What Goes Around...Comes Around」を披露。もちろんショーンもヴァースを担当し、見事なファルセットで観客を沸かせた。そして、そのままジャスティンとクリス・ステイプルトンによるコラボ曲「Say Something」からのリリックを一部デュエットし、パフォーマンスを締めくくった。

 この日、最新作『マン・オブ・ザ・ウッズ』からの「Filthy」でショーをスタートしたジャスティンは、他にも「SexyBack」、「Cry Me A River」、「Can't Stop the Feeling!」などをパフォーマンスした。


◎「What Goes Around Comes Around (featuring Shawn Mendes)」映像
https://youtu.be/jym2448H-4o

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック