元祖女性ロッカー、ジョーン・ジェットを描いたドキュメンタリーの予告が公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元祖女性ロッカー、ジョーン・ジェットを描いたドキュメンタリーの予告が公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
元祖女性ロッカー、ジョーン・ジェットを描いたドキュメンタリーの予告が公開

元祖女性ロッカー、ジョーン・ジェットを描いたドキュメンタリーの予告が公開


 ジョーン・ジェットの半生を描いたドキュメンタリー映画『Bad Reputation (原題)』(バッド・レピュテーション)の予告映像が2018年7月24日に公開された。
予告映像

 約2分15秒の予告では、ジョーンが13歳の頃にクリスマスにギターを買ってほしいと両親に頼み、ギターのレッスンで“女の子にロックンロールなんて無理だ”と言われたことを回想するシーンから始まる。「“ふざけんな”って言ってやった」と59歳の現役アーティストは語っている。

 だが元祖女性ロッカーとも言える存在のジョーンの音楽人生は決して楽なものではなかった。ガールズ・バンドのはしりだったザ・ランナウェイズを1970年代に結成したものの、当時から男性優位だった世界では奇異な存在としてしか扱ってもらえず、ローリング・ストーン誌にも酷評された。ビール瓶で頭を怪我させられたり、バッテリーを投げつけられてあばらにヒビが入ったこともあったそうで、「まだここにいるのは幸運でしかない」と彼女は言うが、それでも「戦い続けなければならなかった」と振り返っている。そして、「“お前にはできない”って言われたら、絶対にやってみせる」と力強く語っている。

 1980年代に結成したジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツの大ヒット曲「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」や「クリムゾン&クローバー」に乗せて、グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロング、イギー・ポップ、ブロンディのクリス・スタイン、ビキニ・キルやル・ティグラ等のキャスリーン・ハナ、そしてジョーンの長年のマネージャーであるケニー・ラグーナらがコメントしている。

 『Bad Reputation』は2018年9月28日に全米で劇場公開される他、iTunes、Amazon、そしてオンデマンドで配信される。


◎『Bad Reputation』トレーラー映像
https://youtu.be/lQYM-NJ0v8s


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい