『オーシャンズ8』アン・ハサウェイは「現代版E・テイラー」、劇中ファッションに注目 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『オーシャンズ8』アン・ハサウェイは「現代版E・テイラー」、劇中ファッションに注目

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『オーシャンズ8』アン・ハサウェイは「現代版E・テイラー」、劇中ファッションに注目

『オーシャンズ8』アン・ハサウェイは「現代版E・テイラー」、劇中ファッションに注目


 個性豊かなプロフェッショナル達が集結した史上最強の犯罪ドリームチームのゴージャスな犯罪劇を描いた『オーシャンズ8』の衣装デザインについて、衣装デザイナーのサラ・エドワーズが語った。

 サラ・エドワーズは『LIFE!/ライフ』など数々の有名作品の衣装を手がけ、ブロードウェイでも活躍している衣装デザイナーで、今回、オーシャンズ8のメンバーたちの個性が分かるようなデザインを意識したことを明かしている。サラは「私たちは、彼女たちそれぞれの個性に合う衣装にするために、しっかり時間をかけながら、その人物の核心を掴むもうとしました。主役8人のそれぞれの個性を表現することが大事でした。それは難しく、同時に楽しいチャレンジでした」と語る。

 サラによると、サンドラ・ブロック演じるチームの司令塔であるデビーの衣装は、これまでの『オーシャンズ』シリーズの主人公で、デビーの兄であるダニー・オーシャンと同様、クールで洗練されたキャラクターにするべく、デザインにこだわったそうだ。サラは「全てに無駄がなく、シンプルに。デビー・オーシャンは、場所や状況を問わず、どこかひそやかに動き回ることができなければならない人物。それをうまくやるには、ダークな色に統一し、シルエットをシンプルですっきりさせておくことが鍵でした」と明かす。またアン・ハサウェイが演じるハリウッド女優のダフネ・クルーガーについては「ダフネはハリウッドの女優で、今、旬の人。アンは彼女にちょっとバービー人形的要素が入った現代版エリザベス・テイラーの雰囲気を持たせたかったんです」と、バービー人形とハリウッドの伝説的大女優に見立てることで、アンの美しさをより引き立てることに集中したという。

 そんなサラの適格な衣装に対して、デビーの右腕ルーを演じるケイト・ブランシェットは、「彼女は天才よ。私たちキャスト全員の意見を積極的に聞いてくれたし、彼女との衣装合わせは手際よく、熱く、そして爆笑の連続でした」と大絶賛。メンバー一人ひとりの個性とチームの快活さが魅力でもある本作には、その個性を際立たせる為、ファッションにも細かなこだわりがあったようだ。手に汗握るスリリングな展開は然ることながら、メンバーたちのファッションに注目するのも面白いかもしれない。『オーシャンズ8』は2018年8月10日より公開。


◎公開情報
『オーシャンズ8』
2018年8月10日(金)より、全国公開
監督:ゲイリー・ロス
出演:サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、リアーナ、ヘレナ・ボナム・カーターほか
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい