卑猥なジャケットが波紋を呼んだタイガの新作『Kyoto』、その内容は?(Album Review) 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

卑猥なジャケットが波紋を呼んだタイガの新作『Kyoto』、その内容は?(Album Review)

Billboard JAPAN
卑猥なジャケットが波紋を呼んだタイガの新作『Kyoto』、その内容は?(Album Review)

卑猥なジャケットが波紋を呼んだタイガの新作『Kyoto』、その内容は?(Album Review)


 米カリフォルニア州コンプトン出身。2009年にリリースした「ベッドロックfeat.ロイド」(全米2位/ラップ1位)や、2011年の「ラック シティ」(全米7位/ラップ2位)などのヒットで知られるラッパー=タイガが、新作『Kyoto』をリリース。本作は、昨2017年7月に発表した『BitchImTheShit2(ビッチ・アイム・ザ・シット・2)』からわずか半年ほどで発表した、通算6作目のスタジオ・アルバム。

 タイトルからも予想できるように、本作は京都にインスピレーションを受けている(?)とのこと。しかし、日の丸をバックに、四つん這いになった“豹柄”の女性(しかも全裸)が映し出されている卑猥なカバー・アートが波紋を呼び、早速「日本の文化を汚した」など批判が殺到しているという。解釈の仕方は人それぞれだが、たしかに下品で「あくまで芸術」と言い張るのもどうかと……。ちなみに、モデルの女性は日本人とのこと。

 さて、問題の内容(楽曲)だが、先行シングルの「Boss Up」や「U Cry」など、ラップを取っ払ったメロウ・チューンから、ドレイクそっくりの「Train 4 This」、90年代のR&Bを彷彿させる「King of the Jungle」~「Hard2Look」など、歌モノが満載。冒頭の「Temperature」~ 「Leather in the Rain」のような、フロア向けのダンスホールもあり、まさにドレイクを意識したような作りになっている。トリー・レーンズが参加した、トロピカル・チューン「Faithful」や、米アトランタ出身のラッパー=トゥエンティフォー・アワーズ参加の「Holdin On」も、ドレイクの「ワン・ダンス」まんま。80年代後期に流行した、トークボックスを起用した「Hot Soup」は、ブルーノ・マーズあたりに影響されたか(?)アシャンティの「フーリッシュ」が歌詞に登場する「JA RULE&ASHANTI」も同曲のようなメロウ。

 「Come and Ball Wit Me」や、グッチ・メインとのコラボ曲「Sip a Lil」など、これまでのタイガらしいヒップホップもあるが、圧倒的に「歌」が多く、ラップ・アルバムとは云い難い内容になっている。また、タイトルの「京都」のイメージとも程遠い。前作『BitchImTheShit2』のような、ポップ要素のないヒップホップ・アルバムを期待していた方には当て外れかもしれないが、大衆受けは良さそうな内容ではある。この路線変更が、吉と出るか、それとも……。


Text: 本家 一成

◎リリース情報
『Kyoto』
タイガ
2018/2/16 RELEASE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい