アナログ・レコードの販売数は前年比約1.3倍増! SoundScan JapanのAL/SG売上TOP5タイトル発表 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アナログ・レコードの販売数は前年比約1.3倍増! SoundScan JapanのAL/SG売上TOP5タイトル発表

Billboard JAPAN
アナログ・レコードの販売数は前年比約1.3倍増! SoundScan JapanのAL/SG売上TOP5タイトル発表

アナログ・レコードの販売数は前年比約1.3倍増! SoundScan JapanのAL/SG売上TOP5タイトル発表


 SoundScan Japanによる2017年のアナログ・レコードのセールスが、2016年に対しての前年比132%となっていることがわかり、売上のTOP5が発表された。

 近年、音楽の聴き方においてダウンロードやストリーミングが主流になろうとしている中、一方でアナログ・レコードのセールスも伸びている。全米ではアナログ・レコードのセールスは12年連続で増加しているが、日本国内で見てもセールス動向は変化を見せている。SoundScan Japanによると、2017年の国内アナログ販売数は前年比で132%の増加。また、2016年の前年比も133%であったことから2015年以降日本でのアナログ販売数も上昇傾向にあると言える。特に「レコードの日」や「レコード・ストア・デイ」の後押しがきっかけとなりアナログ盤のリリースやショップに足を運ぶ人が増えたということが大きな要因となっていると思われる。

 そして、シングル/アルバムセールスのTOP5が発表され、シングルの1位はCornelius『あなたがいるなら』、アルバムの1位はRADWIMPS『君の名は。』が獲得した。シングルでは、Corneliusが10年半ぶりに発表したアルバム『Mellow Waves』より、シングル・カットとして先行でリリースされた『あなたがいるなら』のほか、2位の『いつか/どこか』、5位の『夢の中で』とTOP5中3曲を占めている。またアルバムでは、2016年に大ヒットを記録した映画『君の名は。』のサントラが堂々の1位に輝き、スピッツが1995年に発表したアルバムの再発である『ハチミツ』が2位、ソロ名義で約6年ぶりのアルバムとなった桑田佳祐の『がらくた』が3位にランクインしている。


◎シングル・セールスTOP5
1位『あなたがいるなら』Cornelius
2位『いつか/どこか』Cornelius
3位『Swallowtail Butterfly~あいのうた~7inch analog record single』YEN TOWN BAND
4位『NIAGARA 45RPM VOX』大滝詠一
5位『夢の中で』 Cornelius

◎アルバム・セールスTOP5
1位『君の名は。』RADWIMPS
2位『ハチミツ』スピッツ
3位『がらくた』桑田佳祐
4位『まばたき』YUKI
5位『ラッキー&ヘブン』ザ・クロマニヨンズ

※SoundScan Japan調べ


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい