ケイティ・ペリー、破局報道について投稿「誰も被害者ではないし、悪者でもない」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ケイティ・ペリー、破局報道について投稿「誰も被害者ではないし、悪者でもない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ケイティ・ペリー、破局報道について投稿「誰も被害者ではないし、悪者でもない」

ケイティ・ペリー、破局報道について投稿「誰も被害者ではないし、悪者でもない」

  ケイティ・ペリーと俳優のオーランド・ブルームの代理人が2人の破局について共同声明を発表した翌日、ケイティ自身が「2017年の新しい考え方」について自身のTwitterへ投稿した。


 「2017年に新しい考え方はどう!?元パートナーと友達でいることはできるし、愛することもできる!誰も被害者ではないし、悪者でもない。みんな暇人ね!」と綴られた投稿には、オーランドの名前は出てこないものの、2人の破局に関する報道や噂に言及したものだということは明らかだ。


 先日、新曲「Chained To The Rhythm」を発表したばかりのケイティは、現在ニュー・アルバムの制作を行っており、現地時間2017年3月2日に新曲の一部と思われる音源を含む映像をInstagram Storiesに投稿。さらには、髪をバッサリ切った映像も公開している。



◎ケイティ・ペリーによる投稿
https://twitter.com/katyperry/status/837438506846695424
https://www.instagram.com/p/BRJ5D8tjniY/


◎@katyspics
https://twitter.com/katyspics/status/836745576456810497


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい